LIVE station blog(ライブステーションブログ) トップページへ 
ワンピースブログとは?

なりたかった自分に近づく…ウェブログサイト LIVE station blog(ライブステーションブログ)

LIVE station ONEPIECE BLOG ( ライブステーション ワンピースブログ ) ヒトカケラの想いを残す投稿型ショートウェブログ

ライブステーションスペシャリストブロガー募集中!

LIVE station blog(ライブステーションブログ)のbrushupブログ

  • 専属ブロガー
  • 会員ブログ

[2015-07-05 06:56:18]

和の基本おさらい帖,季節とともに暮らす72候を監修しました。
和の基本おさらい帖,季節とともに暮らす72候を監修しました。 「和の基本」おさらい帖 今日から 暮らしに取り入れたくなる素敵な「和」の知恵 リンネル特別編集 日本人として知っておき たい知識:が出版されました。
第一章季節とともに暮らす72候(5ページから32ページ)の監修をしました。日本の1年は、四季の移ろい、12か月の廻りとハレの祭り、24節気、そしてさらに節気を三等分した72候からなっています。カラーの写真や挿絵もあり、日本人生活のの豊かさを知ることが出来ます。
本著ではこのほか、大和言葉、和食、和道具、和菓子、神社仏閣参拝など、ためになる内容満載です。書店、コンビニ(ローソンほか)、ストア(東急ストアほか)でお求めください。
雑誌: 宝島社: 2015年6月発売 / : 734円:

投稿者:石上七鞘 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

[2015-05-24 13:36:56]

八丈実記の遠流から、人と神の往来について復習しました。
八丈実記の遠流から、人と神の往来について復習しました。  柳田国男の『一つ目小僧その他』に「流され王」がある。この論考は1920年に発表されたものである。最初に挙げられるのは武州高麗本郷〔現埼玉県日高市〕の高麗(こま)神社、通称白髭(しらひげ)社である。この神社が祭っているのは、朝鮮の高麗王若光(こまのこきん・じゃっこう)で、ほかにも新羅王、百済王などと称する異国の王を祭る神社が各地にちらばっている。 しかし、これらを歴史上の実在の王と考える必要はないと柳田はいう。
これは単に霊威の最も旺盛なる神が突如として顕(あらわ)れ祟(たた)る場合に柳田国男が念頭に置いていたのは、異国から到来した高麗王の事績だけではない。「一目小僧」と同じように零落した「流され王」の物語にもっと関心をもつべきだというのである。百済や新羅からの「王族」がその出自を伝承するうちに、敗残の貴種への口承が知らず知らずに民間伝承になっていったとされる。
折口信夫は、1917年、「愛護若」のなかでの「貴人流離譚」という言葉を始めて使い,後にこれを「貴種流離譚」とした 。貴種流離譚は身分の高い人が落ちぶれて哀れな姿になって地方を遍歴すること、または罪を犯してその穢れを祓うため地方に流されること、さらには、地方の国魂を身に付けて立派な人物となって戻ることでもある。
軽皇子、麻績(おみ)王の配流・流離譚は巡遊伶人(ほかいびと)が伝えた。貴種流離の物語は幼な神流離の物語でヒルコの物語やスクナヒコナが常世に渡る話がその代表といえる。これらは遠来の神が語る道中記というものとされている。
「常世の国」は、海の彼方にある、不老不死の世界、永遠楽土の世界のことである。この常世の国から常世波に乗って時を定めてやってくるのが稀人(まれびと、客人神)である(折口信夫「国文学の発生」)。
先の大国主命の国造りを助けたスクナヒコナ命や、浦島子(浦島太郎)が行ったのが常世の国といわれる。この常世の国には、「時じくの香(かぐ)の木の実」という、不老不死の仙薬になる木の実が生えており、『記紀』では「橘」のこととされる。橘は常緑樹で、雪や霜にも負けずに繁茂し、その実も保存の効く植物であるために、常世の木と同一視されるに到った。橘に発生する「虫」が常世神とされた。
貴種流離と常世神・稀人神(まれびと、客人神)の来訪譚は同根の流れを組むもので、神去来の観念、祖先崇拝の思想の具現化したものとして伝承されてきた。
添付写真は八丈実記の流人船。

投稿者:石上七鞘 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

[2015-05-10 22:52:29]

万葉集の気になる歌に出会いました。
万葉集の気になる歌に出会いました。 5月9日授業で久しぶりに「万葉集」巻2の挽歌で、持統天皇が亡き夫天武天皇をしのんで御作りになった歌に出会った。その歌は、

燃ゆる火も取りて包みて袋には入ると言はずや逢はむ日をくも(面智男雲)(160)
という歌である。
【現代語訳】燃える火も、取って袋に包んで入れることができると言うではないか。そういう奇蹟ができるなら、それならお逢いもうしあげる日を招くことよ。(別の本では、人の魂だって取っておくことができるはずではないか。)
【語釈】5句目の「面智男雲」 訓義未詳の難訓部分。「智」は「知」とする本もあり、「逢はむ日をくも」の読みのほかに「知るといはなくも」「あはなくもあやし」などの訓み方がある。「火を袋に入れるように魂も取っておけるはずなのに、私は亡き夫(天武天皇)に会うすべがない」と歎いたといわれる。
「燃える火を取って袋に入れる道士(呪術士、シャーマン)の存在などありえたのか、有り得ないからこそ、あなたと再びお会いすることは出来ないという悲しみを歌ったうたであろう。
それにしても、いつ読んでも惹きつけられる歌だ。

投稿者:石上七鞘 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

[2015-04-17 22:44:04]

「8つの和ハーブ物語」出版されました。
「8つの和ハーブ物語」出版されました。 お待たせしました。
「8つの和ハーブ物語」
ー忘れられた日本の宝物ー
が出版されました。
平川美鶴さんとの共著です。
ライブプラスブログの堀内社長、長崎県議会議員浅田真澄美さんのご協力のもと、
和ハーブ協会理事長、古谷暢基氏の総合監修のもと皆さんと楽しく作った本です。ご笑覧、ご叱正頂ければ幸いです。
香、酒、浴、紙、茶、粧、食、薬の8つの物語です。
産学社発行、1300円プラス税です。
宜しくお願い申し上げます。

投稿者:石上七鞘 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

[2015-03-03 16:06:50]

雛祭りと近刊書物のご案内修正
雛祭り
今日3月3日は、女の節供といい、女児のある家では雛人形を飾り、菱餅・お白酒・桃の花などを供えて祝う行事です。けがれ・災いを人形(ひとがた)に移しはらう風習が起源です。白酒の製法は、蒸したもち米に同量以上の味醂を加えてかき混ぜるか、あるいは蒸したもち米に焼酎と米麹を加えるなどして仕込んでおいたものを、数週間たってからに臼で引きおろして造ります。最近では、雛祭りチラシがブームです。

前回ご案内した近刊書物の変更について
和ハーブ協会の平川美鶴さんとの共著
『あなたの日本がもっと素敵になる 8つの和ハーブ物語』
は、出版社が産学社に変更になりました。発売日は4月1日、
定価は1300円プラス税金となります。
変更になってすみません。ご笑覧のほどお願い申し上げます。

投稿者:石上七鞘 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

ようこそ LIVE station へ!ゲスト さん

新規会員登録

ログイン

詳細はこちら

キトイオンラボ

一般社団法人キトイオン協会


ページ上部へ戻る