LIVE station blog(ライブステーションブログ) トップページへ 
ワンピースブログとは?

なりたかった自分に近づく…ウェブログサイト LIVE station blog(ライブステーションブログ)

LIVE station ONEPIECE BLOG ( ライブステーション ワンピースブログ ) ヒトカケラの想いを残す投稿型ショートウェブログ

ライブステーションスペシャリストブロガー募集中!

LIVE station blog(ライブステーションブログ)のbrushupブログ

  • 専属ブロガー
  • 会員ブログ

[2013-02-21 10:05:04]

「心」にも筋肉を!!
「心」にも筋肉を!! 疲れやすくなってきたな?・・・、最近、太ってきたな?・・・
なんて、思うと、「そう言えば、体、動かしていないからダメだわ ?!」

だから、運動しなくちゃっ! 体、鍛えなきゃって思って、ウォーキングしたり、ヨガへ行ったり、スポーツジムへ通ったり、
本、買ってきて自宅でストレッチしたり・・・
内臓を取り囲み、骨格を支える大切な身体の筋肉
確かに・・・どんどん衰えていってしまう、この事ってとてもとても重要な事です!!

でも、なぜ?
身体はトレーニングするのに、「心」はトレーニングしないのかな??
外側の目の前に見える身体ばかり気にして、私達の内側「心」を無視しちゃう方、本当に多いですよねっ ????
でも、心と身体は一つ。繋がっています。
身体を守ってくれる筋肉ばかりトレーニングして、骨格を丈夫にしても・・・

心にもしっかり筋肉、ついていないと・・・心ん中、ふわっふわ 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
で、ちょっとしたストレスにもすぐに負けちゃいます。
そして、なーんか、疲れやすくなった、、、、疲れがとれなーーい。!!

だから、身体だけじゃなく、本当は、心にも筋肉つけなちゃ・・ この事って、すんごい大切な事
??
私の経験なんですが、以前、手術を受け入院していたことがあったんです。
術後から初めたウォーキング♪入院中も、地下1F?屋上まで、朝晩、3回づつ上り下りしてたんです。

その度「まったく!!呆れるわ?・・」なんて、看護婦さん達にも笑われていましたが、
少々 問題児ちゃんな私でしたね・・  ごめんなさーいっ(苦笑)

その時、「心」のトレーニングも欠かさず ?。そして、退院後も毎朝、心のトレーニングをしながら、3キロ歩く!!????
この事だけを続けていたんですヾ(@^(∞)^@)ノ

そしたら、「奇跡的な回復力 !?」 とか、 「驚異の回復力だ !?」なんて、お医者様から大絶賛された程! 
現実的にも、、、検査数値にも現れ出てきた事なので、本当に驚きでした♪ 

だから、自信をもって言えるんです
身体だけじゃなくて、心にも筋肉をーーーーーー!!!
心も鍛えて、ストレスなんか吹き飛ばしてしまえ?です。 心の力=気力は重要

そいでもって、自然と出てくるんですよ ヾ(@^(∞)^@)ノ  笑顔 ??  笑顔は免疫力をUP !UP !
???? 
本当につくづく・・・心に筋肉をつけるとすごいですよーーー↑
プラスな巡りも引き寄せていきますからっ

けっこう重大な入院であったのにも関わらず、、、いーーーっつも笑顔 (^^)
とーってもポジティブな私で居られたから・・不思議なほど♪

だって良く考えたら・・
外は極寒なのに、部屋はいつも温か♪
洗濯も、掃除も、仕事もしなくても誰も怒られなーい からラッキー♪
おまけに、夢の上げ膳、据え膳で超セレブ気分♪
「まるで、リゾートに来ているみたいだーー(≡^∇^≡)」
なんて言いながら、家族や友人たちが呆れるほど、ルンルン♪

今、思い出してみても、嫌な思い出よりも面白いな?そう思える事ばかりが浮かんでくるんです。

だから、入院生活中がチャンス!とばかりに、心や身体の事、リハビリの先生やカウンセラーさんに教えてもらったり、
たくさんの本を読み、ステップUPの為の勉強しようと退院後の東京行きも決行!
結果、私の周りのいろーんな事がどんどん変化していきました 。お仕事も私生活も。

まさに、心に筋肉がついた状態ですねっ。
マイナスの事でも、ちょっとした心の切り替えで、プラスに思える強さが持てる!!って、事です。

ピンチをチャンスに変える事へと繋がるんです!

だから、ついつい目が届く身体ばかりに気が行くけれど、自分の「心」にも、意識を向ける事、とても大切な事ですね

みなさんも、、、、心と身体   両方、トレーニングしましょうねっ ヾ(@^(∞)^@)ノ

投稿者:引田ひろ美 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

[2013-02-18 13:17:17]

資産形成は計画&実践
2013年もすでに1ヶ月半が終わりました。
皆さんは年末年始に立てた目標に向けて行動されていますか。

私は年初に予定外の出来事が起きて全てのスケジュールが狂いました。
こんな突発的なこともあるのが人生。

この様に思い通りにならない世の中で「安心」「安定」した資産を持続的に形成するにはどうしたらよいのか。
これを実現するには3つの鉄則があります。


◆鉄則その1:定期的に現状分析を行う

第2回「資産形成はバランスチェックから」をご参照下さい。
具体的なバランスチェックの項目をあげています。



◆鉄則その2:明確な目標と期日を定める

第3回「資産形成におけるリスクとリターン」をご参照頂きながら、ご自分の望む資産形成プランを立てます。

目標は、「どんな資産を」「いつまでに」「いくら」貯めると決めるだけです。



◆鉄則その3:目標実現へ向かって計画を練ったら即実践!

これが第4回の本題です。

私自身の具体的な事例をあげてみます。

趣味の1つがお散歩です。5年前にヒマラヤへ行った際、エヴェレストやローツェ、アマダムラムといった8000m峰を眺めながらのお散歩ときたらもう、たまりません。

あまりに素晴らしい所なので、またいつか…と思っていたら、3年後に6120mのアイランドピークへの登山が決定!
  
しかしキャラバンの費用は一人70万円。
あと34ヶ月で貯めなければ行けません。

単純計算で毎月20588円。
さて、収入は上がらないし生活に余裕はない。
しかし出来る限り若いうちに行かないと登頂は難しくなる一方。

何とか捻出できないか、我が家の家計を徹底チェックしてみました。
見直しの順番は、毎月出て行く固定費と金額の大きな支出から行います。


まず切り込んだのは値上がりした光熱費。
契約電流を10アンペア―下げるだけで月に200~250円の節約(電力会社によって異なります)。
待機電力は電気代の10%ほどなので、普段使わない部屋のブレーカーを落とし、家電の電源を待機電力スイッチ付きの3~5口タップへ変更。
これで月に1200円ほどの無駄をカット出来ました。

ガス代、水道代の節約は一定の割合で近所のスーパー銭湯を利用することにしました。
回数券会員になり、特定日の割引や様々な特典を組み合わせると、毎日の自宅入浴より安くなったのです。
地域性や施設の有無もあるので一概に言えませんが、大きな湯船に浸かる楽しみを増やして月に800円も浮くとは驚きでした。


住宅ローンの見直しはとても大きな節約ですが、我が家はすでに終わっているので今回は足しになりません。
機会があれば住宅ローンの節約術を公開します。


そこで手をつけたのが保険と年金です。
私自身が保険知識のプロなので、無駄な保険に加入しているつもりはありませんでした。

しかし高度先進医療特約を付加し、無駄な死亡保障と特約を整理・解約・減額、利回りの高い保険を払い済みにしたり、終身保険を100歳定期へ切り替えたり。
掛け捨て保険の見直しや利回りの下がった保険会社の個人年金を解約してファンドへ移行など。

最新の特約を付けて毎月16000円の改善。



日本人の多くは貯蓄型保険が好きですし、お任せという方が多いです。
しかし低金利時代に加入した保険や年金で運用を行えば、老後に悲しい現実が待っています。
保険はあくまで必要保障と割り切り、運用は信頼のおける貯蓄商品へ切り替えるのも一手。
FPや代理店などにお願いすると見直しを行って下さいます。


次に切り込んだのは食費や日用品の見直し。
と言っても、スーパーの特売やクーポンチェックではありません。
お米を除いた買い物をすべて徒歩へ変えただけ。

人ひとりが持てる物量に個人差はありますが、徒歩での買い物は効果絶大でした。
歩いて持ち帰るのでカートは使いません。
重いのは嫌ですから買い物かごへ入れるのは、今、本当に必要なものだけになります。

お陰で衝動買いはゼロ!
それに加え食品廃棄物もゼロに、ゴミの減量にもなりました。

3か月ほど実践していますが、月に15000円以上の節約になっています。

最近はダンベル代わりに買い物袋を上げ下げしながら歩いているので、筋力や体力もつく上、ダイエットにも。
少し変な人に見えるでしょうが、もう止められません。


結局、20588円だった節約目標が33000円以上に。

そもそもヒマラヤへ行くのが資産形成なのかと思われるでしょうが、私にとっては何物にも代えがたい資産です。


みなさんにとって形成したい資産は何でしょう。
人によって異なるでしょうが、みなさんの夢が実現する一助になれば幸いです。

投稿者:佐野吉美 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

[2013-02-07 14:13:56]

サロンの運気を高める魔法の言葉♪
サロンの運気を高める魔法の言葉♪ 私はサロンに愛をこめて?・・毎日行うことがあるんです(^^)

誰もがサロンの巡りを良くしたいと思うのは当たり前。
だから、もっともっとと何かある度に浮き沈みしちゃう気持ちを抑えて、色んなセミナーへ行ったり受講したりと技術やノウハウを頭に入れこんでいく人が多いと思います。

でも、巡りって、人なんだと思いますよ。
商品でもサロンの器でもなく、そして運営方法でもない、その人自身が重要なんだと思います。

この人にまた会いたいな?・・って、自然にお客様が思って下されば、また大切な時間とお金を使って合いに来てくださるんだと。


「運気」って、気を運ぶって書きますね。なので、開運させる重要なポイントは「気」なんです。
マイナスな気持ちが続けば・・運気も下がり↓
プラスな気持ちが続けば・・・運気も上がっていく↑

そう、私達の「氣」持ち1つと言う事。それが毎日いるサロンでどんな影響をもたらしていくのか・・そして、その積み重ねがよく皆さんが感じる「良いとか悪いとかの雰囲気」を造りだしていってしまうんです。

毎日の積み重ねこそ大きいですからね!!

だから、どんなに素晴らしい技術や商品であったとしても、どんな良い立地に素敵なサロンへ移転しても、そして美しい美貌を持つ人であったとしても、人が無意識に感じ取る「雰囲気」に冷たさを感じたり、暗さや重さを感じとってしまったら人は来なくなってしまいます。集まってきたとしても、同じような暗くて重い人ばかり・・これでは巡りも悪くなってきちゃいますね?・・

なぜなら、意識しない雰囲気も元々本能で生きる動物だった私達人間は、必ず感じ取ってしまうからなんです。

90歳のお婆ちゃんが、20歳の女性より素敵に見える瞬間がそれです。そして、どんなに立地が悪くノウハウが少ないサロンだとしても、魅力あふれる人ならば人がどんどん集まってくるんです。

人は心地よい、気持ち良いと感じる所へと集まってくるんですから?・・これが引き寄せ♪ 同じような人が集まるので、そのサロンはどんどん巡りが高まってくるんですね。

私の朝は、サロンの全ての物や場所へ「ありがとう、よろしくね♪」と「氣」持ちをこめて毎日声をかける事から始めます。

そして、トリートメントをしながらお客様の身体へ「疲れがとれてありがとうございます」そう、氣持ちをこめて触らせて頂いています。そしたら、サロンの運営がとっても安定していきました。

「ありがとうございます」当たり前ではあるけれど実はとっても難しい事ではないでしょうか。でも、この言葉こそ巡りを高める魔法の言葉なんですね♪

投稿者:引田ひろ美 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

[2013-01-28 10:10:38]

ごあいさつ
ごあいさつ はじめまして(^^)
この度、ライブプラス・ブログを書かせて頂くことになりました、紗楽です♪
とっても素敵なご縁を頂けました事に心をこめて・・・
ありがとうございます。

私は、セラピストとしてサロンでたくさんのお客様をお迎えして来ました。
そして、トリートメントを終えゆったりと過ごす時間の中で、その方が見せて下さる1番の笑顔に 私もまた心温まる時間を頂いてきました。

元々は病弱な息子の為に始めたトリートメント。
様々な技術を試行錯誤しながら改良し、家族の為に・・友人達の為に・・・
いつしか私の大切な人達がお客様へと広がっていった事が始まりでした。

それからは大切な人達からたくさんの愛と勇気を頂いてきました。

私のところで笑顔になった方々がご自分の夢や目標に向かって前進されていく姿や、 思い悩んでしまう自分の心をリセットし元気な笑顔を見せようとする姿、
何より自分の大切な人達への想いを大切にされていく姿に、私はその方々の本当の美しさを見てきました。

心の中に輝きを持つ方からは、内面から溢れ出てくる美しさと強さを感じるものです。
けっして年齢でも環境でもない・・・
私自身の“心”が大切なのだと思います。

実際、私自身も大病をし治療中にも関わらず今の方が輝いて素敵だと言われることが多くなりました。
5年、10年前の私よりも今の私の方が断然元気!
同じ女性から頂く言葉は何よりの魔法です♪

また、90歳にもなっても笑顔を忘れない女性からは引き込まれるような輝きを感じますし、
なんだか「私も頑張ろう!」って思えてきますよね。

ほんと、女性の役割は大切ですね・・・
一人の女性から発信される“笑顔”が、ダイレクトに子供さんを・・ご家族を・・大切な周りの人達を癒し 元気にしていく。
そしたら社会も元気UP!
誰もがこんな素敵なパワーを持っていると言う事だから。

私はセラピストとして、一人でも多くの女性から自分自身で輝く素敵なパワーを引き出してあげる事。
これが“癒し”という役割の最も大切にすべき事であり、私の役目ではないかと感じています。

私自身の実体験とお客様の声を元に確立してきた独自のヒーリングメゾットで、
心と身体のバランス=心身の調和を大切に、笑顔いっぱい輝く女性を応援していきたい♪
そう願っています。


これからどうぞ宜しくお願いしまーす(^0^)

投稿者:引田ひろ美 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

[2012-12-17 17:18:54]

資産形成におけるリスクとリターン
今回は投資へのリスクとリターンをお話したいと思います。

投資リスクで覚えて頂きたい公式はたった1つ
「リスク=リターン」です。

残念なことに、先進国の常識であるこの公式が日本では正確に理解されていません。

一番安全と思われている銀行預金ですら「1金融機関につき1預金者あたり元本1000万円までとその利息」という預金債権を保護しているだけです。それにもかかわらず、同じ銀行へ多額の資金を預ける方は多いです。

世界中が金融危機に陥っている状況で、いつ何が起きても不思議ではない時代に、1000万円を超える金額を1つの銀行に預ける行為は、リスクを考えているとは言えません。


このリスクを分散するために預金銀行を複数にする。
他の資産へ替えることはリスク回避の基本です。
例えば、国債、株式、債権、金などが一般的ですが、これらの運用は一定の勉強が必要となります。

資産形成には不可欠な投資先ですが
「勉強するのは嫌!」「リスクは嫌!」
という方にはお勧めできません。

反面、日本人は「保険なら安心!」と、貯蓄型保険商品を好む方が多いです。

でも、ちょっと考えて下さいね。

掛け捨て保険の場合は「保険料=保証料」ですが、貯蓄型保険は「払込金額‐満期返戻金÷保険期間=保証料」となります。
掛け捨てと比較して割高商品が多いのは、保険会社が予定利率を確保するために運用しているから。
この事業費分が割高になるのですが、いくらかかると明記していない商品が多数。
多くは「見直し」という言葉でうやむやのまま消える仕組みです。
これは株式の投資信託と全く同じ構造です。
事業費が適正な非常に良い商品もありますが、ご自分で勉強して比較検討が出来ない方にはあまりお勧め出来ません。


「私は投資信託もしていないし、保険も掛け捨て、あとは銀行預金だから安心!」

残念!
実はこれが一番貯まらないパターンです。

可処分所得のギリギリまで定期積金などをされている方はまだよいですが、一定額が貯まったら消費に使う、または銀行に寝かせっぱなしではないでしょうか。

資産を形成するために大切なのは「市場への消費をしつつ、元手を稼ぐ資産に替えること」。
例えば、投資用の不動産や民間の金融資産を購入する。
これは市場へお金が出ますが、いずれリターンを伴って返って来ます。
ただし、リターンはリスクと同等であることを忘れずに。
様々な分野へ分散することが最もリスクを回避することに繋がります。
もちろん、全ての分野で学習を要しますし、業界内での会社の取捨選択も必要です。


では、何を基準に決めるの!?

難しいですが、ここは他人任せにしてはいけません。

今の自分にとって一番大切なのは何か。
将来はどうなっていたいか。

そこから投資を考える事が肝心です。

例えば、
子供さんが小さい時は大黒柱の死亡保障がいくら必要か。
年齢が上がる前に医療保険に入るべきか。
居住用の不動産は買うべきか借りるべきか。
リスクを負ってリターンを求めるのか、リスクを避けて何もしないか。
老後はどうやって暮らしたいかなど、自分や家族の人生はどうありたいか。

これを最初に決めることが一番大切なのです。
これが定まれば、それぞれの商品の違いが見えて来ます。
すると何が今の最優先事項であるかがわかります。


最後に注意点。
昔から金融商品や出資には多くの詐欺がつきもの。
以前はハイリスク&ハイリターン商品が多かったです。
しかしここ数年、50万円程の出資金や、毎月数万円を積み立てるローリターン商品が増えています。
多くはねずみ講方式で募集をし、海外や投資運用を標榜しているとのこと。

もちろん確かな商品もありますが、詐欺を目的とした商品もかなりの数が出回っています。
多くは老後の心配や、低金利への不満から騙されてしまうようです。
でも、自分の人生で大切なものは何か、何を守っていきたいか。
ここがしっかり固まっている人は容易に騙されません。

年の終わりに、将来のありかたをじっくり考えてみてはいかがでしょう。



次回は資産形成の現状を簡単にチェックできる方法をお話したいと思います。
寒さ厳しい折ですが、ご自愛の上、よいお年をお迎えくださいませ。

投稿者:佐野吉美 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

ようこそ LIVE station へ!ゲスト さん

新規会員登録

ログイン

詳細はこちら

キトイオンラボ

一般社団法人キトイオン協会


ページ上部へ戻る