LIVE station blog(ライブステーションブログ) トップページへ 
ワンピースブログとは?

なりたかった自分に近づく…ウェブログサイト LIVE station blog(ライブステーションブログ)

LIVE station ONEPIECE BLOG ( ライブステーション ワンピースブログ ) ヒトカケラの想いを残す投稿型ショートウェブログ

ライブステーションスペシャリストブロガー募集中!

LIVE station blog(ライブステーションブログ)のlifestyleブログ

  • 専属ブロガー
  • 会員ブログ

[2017-02-21 15:22:36]

僕には子宮はないけれど
僕には子宮はないけれど 今週は中学校に毎日お話をしに参ります。7クラスです。できるだけ一クラスずつお話をできるようにお願いしています。

学校で生理のことや、女の子と男の子のことを話すように声をかけていただいたのは六年前。
毎回、男子、女子の前に立ってお話をするたびに、その素直さに感激します。
男子も一緒に生理、赤ちゃんができること、お母さんにも、お父さんにもなれることの話をしています。

今日もクラスの男子全員が女の子に向けて、エールを送ってくれました。

「僕は子宮もないし、赤ちゃんも産めないけど
すごいなと思うし、応援したいと思います。
頑張ってください」
照れながらもまっすぐな目で伝えてくれる男の子の言葉に私まで、胸がグッと熱くなりました。
明日のクラスでは、どんな女の子や男の子たちに出逢えるかしら。
桃のつぼみも膨らんで、毎年この時期に中学三年生たちと出逢えることが楽しみでたまりません。
私の希望でもあります!!!

投稿者:大原 万里亜 |テーマ:ライフスタイル | Comment:0件

[2017-01-23 01:23:51]

照れ屋さんと無愛想
照れ屋さんと無愛想 日本の最西端の長崎。
あたたかい九州も、一月も下旬となると、凍りつくような冷たい風が吹き、雪やあられが激しく降る日もあります。

今日は、小学六年生四十六名とお話をしにまいりました。
小学六年生は男子と女子でも精神年齢がだいぶん違うし、おんなじ男子、女の子でも、幼さを感じる子、インターネットなどで、いろんなことを言葉として知っている子、様々です。

今日は、おなかの中で約十カ月育つ赤ちゃんのお人形を抱っこして連れて行きました。
赤ちゃん人形を見た子どもたちの表情はぱぁーっと明るくなって、可愛い、可愛いと優しい顔になりました。
エプロンをつけて、赤ちゃんをお腹の位置のポケットに入れると、ずしって重みを感じて、
「重い!重い!」
「腰が痛い!」
と驚いた様子。

未来の赤ちゃんに声をかけてあげて
と私が言うと、赤ちゃんをエプロンに入れた男の子は、すぐに顔を真っ赤にして、頭をぽりぽりかいたり、口をあけて、何か話そうとしてやめたり、明らかに、緊張しまくっている様子。
声も出ない様子だけど、頭の中はいろんな言葉がぐるぐる回っているみたい。
照れ屋さんなんですよね。
何にも浮かばないんじゃなくて、いろんな言葉が溢れていて。
でも、どの言葉がぴったりなのか悩んで。
そんな様子を女の子にも見て欲しいの。
言葉が出なかったり、足りないのは無愛想でも、興味がないのでもなくて、照れて、焦ってるのかもしれないって知って欲しい。
男の子と女の子は違うけど、わかりあえるかもしれないなぁと感じて欲しいです。
お互いの本当の心を思いやりあえたらいいなぁ。

授業の最後に生理の話をしました。
みんなの顔がパッと真剣になりました。命と関わっていること、自分たちもいつか親になること。
真剣にリアルに感じて欲しいのです。

授業が終わって、子どもたちがわぁっと前にやってきて、いろんな質問をしてくれました。
赤ちゃんのお人形を抱っこしたり、へその緒をじっくり見たり。
興味をこんなに持ってくれてるんだってとっても嬉しくなりました。

授業の後、子どもたちが友達や家族と赤ちゃんのこと、生理のこと、異性のこと話しあえたらいいなぁ。
そんな会話のきっかけになれたらいいなぁ。
そう思って、毎日お話をしています。
明日は波佐見に行きますね。
いつか、あなたともお話ができますように。

投稿者:大原 万里亜 |テーマ:ライフスタイル | Comment:0件

[2016-12-09 01:15:52]

中学生がもしパパやママになったなら
中学生がもしパパやママになったなら 今日は、江平中学校での人権集会でお話をさせていただきました。
三学年一緒ということと、県のたくさんの先生方もご参加というので、ドキドキしちゃいましたが(笑)城さんも優しく見守ってくださって、なんとか、50分、みんなといろんな話ができたかなぁと思います!

江平中学校の生徒さんたちは、とっても楽しくて熱心で、たくさん手を挙げて発表してくれたり、フンドシや、赤ちゃんのお人形を自分のおなかの部分に入れる体験を積極的に参加してくれました。

未来、やってきてくれる自分の赤ちゃんに向かって話しかけて欲しいなぁと言ったら、

「どちらに似てる赤ちゃんかなぁ」
「可愛いね????」
「頑張れよっ!」
「早く会いたいね?」

みんな、赤ちゃんに話しかけている時の顔は優しくて、愛おしそうにお腹をさすったり。笑いかけたり。

母親、父親になった顔を垣間見ることができました。

まだまだ幼い彼らだけど、母性、父性がある。
そう実感しました。

今すぐにお母さんになりたい?
ってきいたら、まだ早すぎますって即答されました。
まだ、やりたいことがありますって。

すぐにお母さんになりたいって言う学校の時もありますよ。
中学生だって、小学生だって、いずれ親になることができる、そんな日が来るって体感、実感して欲しいからいつもこの質問をするのです、

毎回、授業の最後に、これから生理、出産などを体験する女の子たちに対して、男子からエールを送ってもらっています。

今回も、男の子が体育館の前に出て、100人以上の生徒たちの前で女の子たちに向けてエールを送ってもらいました。

ドキドキする心臓の音が聞こえるような、唇の震えが見えるほどに緊張しながらも、自分の言葉で、女の子たちに伝えたい言葉を探して、悩んでいる男子。

この姿を女子に見て欲しいんです。

百パーセント分かり合えることは難しいかもしれない。でも、解ろうとしあうことはできるはず。

わかるはずないって諦めないで、伝えてみよう!
わからないって諦めないで、考えてみよう!

この一生懸命な男子の姿を目に焼き付けて欲しいなぁ。

男の子たちの正直な言葉、胸に響きました。

「頑張れ!女子!僕は応援しています!」


男の子も頑張れ!エールを送ってくれてありがとう。

私も彼らにエールを送りつづけます。

投稿者:大原 万里亜 |テーマ:ライフスタイル | Comment:0件

[2016-12-05 02:02:50]

ふんどしのススメ
ふんどしのススメ ふんどしのススメ!
夏だけではなくて、今の時期こそ、ふんどしです!
靴下を何枚重ねても、半身浴にながく入っても、巡りが良くなければ、滞りができて、手足が冷たくなります。
まずは、巡らせましょう!
身体を緩めましょう!

心と身体はリンクしています。
身体はが緩むとココロもユルミます(^ ^)

大動脈、鼠径部をパンティーやガードルでしめつけないで。
何も履かないってのもありですよ!
私はお着物生活をしているから、腰巻だけ。
そのおかげで、手足は、年中ポカポカですよ。

何にも履かないのは抵抗があったり、洋服を着る場合無理だという場合、ふんどしは最高!

見た目もかわゆい、ミニスカみたいな越中ふんどし、パンツに似ているモッコふんどし。どちらもおすすめ。
越中ふんどしは、手ぬぐいで、手作りできますよ。

綾紐という紐が手芸品屋さんに売っているので、手持ちの手ぬぐいで、自分で作ってみませんか。

まずは眠る時からチャレンジしてみませんか。
新しい、自分に出逢えると思いますよ。

投稿者:大原 万里亜 |テーマ:ライフスタイル | Comment:0件

[2016-12-01 01:23:47]

赤ちゃんをいつ生んだら良いですか?先生!
赤ちゃんをいつ生んだら良いですか?先生! 11月は小学校に呼ばれて授業をする機会がとっても多かったです。
ひとクラスずつ、丁寧にお話をしたので、子どもたち一人ずつの顔が浮かんできます。

いろんな質問を受けました。
「生理はどこから出るのですか!」
「赤ちゃんは、いつ生んだらいいんですか?」
「生理はたくさん出ますか?」
「赤ちゃんは、どうやってお母さんの子宮に入ってくるのですか?」

小学四年生から、六年生までの子どもたちが、真剣に悩んだり、疑問に思っていることです。

こういうことを、インターネットや雑誌からではなく、Yahoo!知恵袋でもなく、じかに、大人の口で真面目に答えるということが大切だと思います。

赤ちゃんをいつ産んだらよいかという質問は、クラスのたくさんの子どもたちがいろんな意見を言ってくれました。

「16歳になったら」
「20歳になったら」
「親が賛成したら」
「30歳になったら」

歳を言う子どもたちが多かったです。
20歳になったら誰の赤ちゃんでもよかと?
ってきいたら(笑)

「運命の人に逢えたらです!」
と目をキラキラさせて教えてくれた女の子。

そう、大好きで、ずっと一緒にいたくなるような人に逢えるよ。
自分の気持ちを大切に感じること。

そんなことを子どもたちとお話していました。
人と比べたりせずに、人から言われたからではなく、自分の気持ちを正直に受け止めること。それができたらいいなぁ。

性体験がどんどん早くなってきているけど、何が希薄になってきているのでしょう。自分を大切に。相手を大切に。この二つをよく考えること。45分という短い時間ではありますが、そんなことが、子どもたちの心に少しでも残るといいなぁと思います。

12月は中学校でもお話会を計画していただいています。
男女一緒に考えて話し合うことのお手伝いができますように。

投稿者:大原 万里亜 |テーマ:ライフスタイル | Comment:0件

ようこそ LIVE station へ!

ゲスト さん

新規会員登録

ログイン

詳細はこちら

キトイオンラボ

一般社団法人キトイオン協会

石井直方先生に聞いてみよう!


ページ上部へ戻る