LIVE station blog(ライブステーションブログ) トップページへ 
ワンピースブログとは?

なりたかった自分に近づく…ウェブログサイト LIVE station blog(ライブステーションブログ)

LIVE station ONEPIECE BLOG ( ライブステーション ワンピースブログ ) ヒトカケラの想いを残す投稿型ショートウェブログ

ライブステーションスペシャリストブロガー募集中!

LIVE station blog(ライブステーションブログ)のsportfitnessブログ

  • 専属ブロガー
  • 会員ブログ

[2013-03-05 15:34:39]

東北かけはしプロジェクト第5弾イベント
東北かけはしプロジェクト第5弾イベント 皆さんこんにちは!御無沙汰をしております☆
3月9日に仙台のヨークベニマル市名坂店にて東祐由紀(ひがしゆうき)トークセッションを行います!

第3弾の時に「かけはし体操のお姉さん(おばさんですが)」をさせて頂き応援プロジェクトに参加させて頂きましたが今回は、「美食セミナー」です。
普段のお買いものにもう1品たす事で、美肌力アップさせる食材の組み合わせなどをご紹介しながら、バランスチェック、簡単体操
そして今回東京の皆さんに作って頂いたお花を、仙台の会場の皆さんで手に付けて、「かけはしにお花をさかせる体操」を行いたいと思っております!盛りだくさんです!!

当日は、先着100名様にお米など色々なセットもプレゼントがあるようですし、他にも演舞等もありますので、お近くの方は是非、遊びにいらしてください^^
当日は出演時間以外も会場におりますので是非声をかけて下さいネよろしくお願い致します。^^
詳しくはこちらです↓

投稿者:東祐由紀(ひがしゆうき) |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

[2012-11-26 20:25:29]

添加物と食中毒
添加物と食中毒 今回は少し連続しての記事です☆
私は現在、ボディメイキングエクササイズ指導と同時に食について・美容についてのお話もさせていただいております。

プリントを配りエクササイズ前の30分位を使って皆さんと一緒に「知的に美しく」をテーマに学んだり考えたりする時間を過ごしております。

以前このブログ内でも添加物についての記事を書いておりました↓
丁度去年の今頃でしょうか^^
去年11月の記事(記事先頭ー最後のカテゴリー3にあたります記事⇒「選ぶ力」

さて、今回は色々私自身も学ぶ中で、今度は「添加物」に対して「食中毒、カビ」についてはどうなんだろうかという視点を持って考えてみております。

今無添加指向で食中毒を起こす方もとても増えている様で添加物としての害ももちろんの事なのですが食中毒も大変な事ですョネ。

今食中毒の患者さんは年間で2万件を超えています。

平成23年度でカレー、スープに発生するウェルシュ菌。
こちらの被害は2784件あったのですがこの菌、実は熱に強いんですネ。
なので加熱すれば大丈夫という考えでは全く通用しないという事なのです。

添加物の害は以前書いた様にぜんそく、アレルギー、発ガン等々。
それに対してカビ、食中毒も死にいたることも沢山あります。

私は、じゃあどちら?と言われると正直わかりません。

ただ、だから運動して汗をかくこと。
お水を沢山飲む事が重要なのではと思っています。
何事も量。
悪い物もそうですが良い物だとしても沢山取ったら毒になります。

是非今回のブログ内では実際ウェルシュ菌様を載せておりますので
お姿見てあげてください。


皆様は添加物と食中毒、どうお考えになりますか?

では

投稿者:東祐由紀(ひがしゆうき) |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

[2012-08-24 17:32:09]

肉体は魂の宿り木
肉体は魂の宿り木 今日はエジソンのお話です。

エジソンが67歳の時、ウエスト・オレンジにあった研究施設が火事になってしまったそうなんですネ。
連絡を受けた時にはもうどうしようもない状況で何も持ち出す事ができなかった・・・・。

67歳にしてすべてを失ってしまったエジソン。


自分が築き上げてきたものが全部焼けて無くなってしまい当時の金額で500万ドル近い損害を被ってしまったそうです。

そんな焼けていく状況を見ながらエジソンは

「こんなに大きな花火大会はまず見られない。とにかく楽しめ」と言ったそうですョ。
♪♪♪(^▽^)♪♪♪

そして
「自分はまだ67歳でしかない。
明日からさっそくゼロからやり直すつもりだ。
いままで以上に立派な研究施設をつくればいいのだ。
意気消沈している暇はない」

と、平然と言ってのけたそうです。

エジソンは他にも

「一日が24時間と言う事を作りだしたのが人間であって
一日を36時間でも48時間でもして好きなように使えばいい」

と言っていたそうで

エジソンの工場の壁には、
長針も短針もない大きな時計が掛けられていて

ある日、友人の自動車王 フォードが

「針がないのに、時計の意味がないんじゃないの??」(・_・)?
と訊ねたら、

「そうじやない。(*^_^*)
時間というものは、自分でコントロールすべきものなんだ。
時計のような出来合いのバロメーターに左右されているようでは何もできない。

疲れたと思えば、その場で休めばいい。

仕事が完成するまでが昼間だ!自分の体にあったリズム、
これを自分でコントロールすることが大切だ」

と答えたといいます。(*^_^*)

「肉体は魂の仮の宿り木。滅びれば次の宿り先に移動する」

という死生観を持ち、
常に前向きの精神と努力の人だったそうですよ。

素敵ですネ。

以前、魂は7gというのを聞いたことがあります。

人は死ぬと7g軽くなるという話。

それは魂がぬけるから・・・・

本当なのかどうかわかりませんが

毎朝、朝日をみて思います。

人間は自然界の小さな生き物の一つ、所詮は小さな小さな生き物

命ある時間を有意義に使い、謙虚にそして前向きに努力しづつけたいものですネ。

写真は、8月22日の早朝4時45分位の空です。
虹が出ていたんですよ。
朝日と共に。
毎朝違った日の出を見せてくれるこの地球は本当に素敵です。

ではまた(*^_^*)

投稿者:東祐由紀(ひがしゆうき) |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

[2012-08-03 14:49:02]

ウイスキーが脳に良い!?
ウイスキーが脳に良い!? 「健康生活」と言うとアルコールはダメというイメージを持っている方は多いのですョネ。

適度なアルコールはリラックスするので良いという事も沢山言われています。
そんな中、私はここ最近「脳について」とても興味を持っているのですが、
「ウイスキーの香りと脳の働き」を研究された先生がいらっしゃいました。(*^_^*)

結論から申し上げますと、

「ウイスキーの香りが脳に良い!」
(杏林大学医学部 精神神経科の古賀 良彦 教授)

素敵ではないですか?^^
においが脳を活性化したり、リラックスさせたりするという事なのですが、古賀教授は「におい」に着目した脳研究をされていらっしゃいます。

ウイスキー・エタノール・蒸留水の3つを使ってそれぞれの香りをかいだ時に脳の血流量がどう変わるのか脳の血液の巡りを調べます(脳の血流や代謝を画像分析で調べた実験)

その結果、
蒸留水は無臭なので変化なし、
エタノールもなし、
樽などの香気成分が溶け込んでいるウイスキーを嗅いだ時、
心地よさを感じる中隔側坐核の血流が増え活動が活発になるという結果が出たそうです。^^

つまり、ウイスキーは香りを嗅ぐだけで快感を感じやすくなるという事がわかったということなのです。

アロマオイルでリラックスしたりする事があるのと同じようにウイスキーでリラックスする事ができるという事ですネ。

アルコールの作用の一つに「抑制を解除する」働きがあります。アルコールの飲み過ぎで依存になると脳の働きが低下したり脳が委縮したりしますが、ほどほどのアルコールは身体全体の新陳代謝をある程度高めてくれます。

「頑張る時」と「リラックスする時」とのバランスを上手にコントロールして行けると良いですネ(*^_^*)

生ビール派の皆様も、時にゆっくり香りを楽しみながらウイスキーもいかがですか?^^

ではまた(・∀・)♪+.゚

投稿者:東祐由紀(ひがしゆうき) |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

[2012-07-17 23:50:11]

身体を動かして心をコントロールする
身体を動かして心をコントロールする 先日「脳を鍛えるには運動しかない」という本を
ご紹介致しました。

その中で著者がこう言っています。

「運動をすると気分がすっきりすることは誰でも知っている。
けれどもなぜそうなるのかわかっている人はほとんどいない。

ストレスが解消されるから、筋肉の緊張がやわらぐから、
あるいは脳内物質のエンドルフィンが増えるからー
たいていの人はそんなふうに考えている。

でも本当は運動で爽快な気分になるのは、
心臓から血液が盛んに送りだされ、
脳がベストな状態になるからなのだ。

運動が脳にもたらすその様な効果は、
身体の効果よりはるかに重要で魅力的だ。

筋肉や心肺機能を高める事は
むしろ運動の副次的効果に過ぎない。
運動をするのは脳を育てて良い状態に保つためだ。」

なぜ脳の働きを気にかける必要があるのか。

それは、脳が私達のすべてを取り仕切っているからである。

読み進める中で新しい発見が色々とあります。(。???。)

「運動をする」という事を趣味や余暇という範囲だけでなく、
もっと大きな視点でとらえると、とても大切な事が
沢山見えてきますネ。

『ニューヨークタイムズ』が独自の取材で、
躁うつ病の子供の治療に
わずかな効き目しかない上に恐ろしい副作用のある
高価な薬が沢山使われている実態を暴いたそうですが、

今、眠れない、うつ病、ストレス、様々な要因で
色々なお薬を飲んでいる方が本当に多いように思います。

この本の中では運動によって不安障害やうつ病が
目覚ましく改善するという事が色々と書かれております。

薬に頼るのが間違いだとは思いませんが、
同じ効果や結果が運動で得られるなら
それはそれでとてもいい事ですョネ。

不安障害などの場合、不安な事を考えたり
不安な状況にあった事を思い出すときの心拍数の増加、
鼓動や呼吸が速くなるといった肉体の現象が
不安な時だけに起こるものではないと、
運動をして心拍数があがる状況を経験する事で、
脳に教え込んで行くんだそうです。

認識レベルで脳に身体が

興奮状態にある事=不安な状況下にある事ではない

とプログラミングしなおすのだそうですよ。

心拍数が上がっていく事がいつも「怖い事、緊張する事、
不安な事、」ではなくて、

「運動する、身体を動かすという事で上がっていくのだ」
という新しい事を自身が知る事で、
精神状態をコントロール出来る様になるそうです。

ストレスを感じたり何か不安な事、
嫌な事で心がいっぱいになりそうになったら、
身体を動かしてコントロールするのは
とてもいい事ですネ。

何よりも、自分自身の脳をコントロールできるようになれば、
人生をコントロールできると言っても良いかもしれません♪

投稿者:東祐由紀(ひがしゆうき) |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

ようこそ LIVE station へ!ゲスト さん

新規会員登録

ログイン

詳細はこちら

キトイオンラボ

一般社団法人キトイオン協会


ページ上部へ戻る