LIVE station blog(ライブステーションブログ) トップページへ 
ワンピースブログとは?

なりたかった自分に近づく…ウェブログサイト LIVE station blog(ライブステーションブログ)

LIVE station ONEPIECE BLOG ( ライブステーション ワンピースブログ ) ヒトカケラの想いを残す投稿型ショートウェブログ

ライブステーションスペシャリストブロガー募集中!

専属ブロガー様バナー

プロフィール

プロフィール写真

園原 健弘

1992年:バルセロナオリンピック競歩代表
1996年:アトランタオリンピック陸上チームコーチ

世界陸上3回連続出場、箱根駅伝2回出場など競技者としての経験をベースに健康づくり・ダイエット指導など幅広い分野で活躍中。神楽坂にてスポーツジム経営。著書に『楽しい健康ウォーキング入門』(技術評論社)、『メタボリックに効く股関節ウォーキ
ング』(学研)『正しく歩いて東京マラソン完走』(小学館)などがある。美的・anecanなどファッション誌でもウォーキング監修多数。株式会社ラバ・チューブ代表取締役

http://www.lava-tube.co.jp

最新記事

[2011-06-24 12:46:15]

モバ美ウォーキング
モバ美ウォーキング モバ美商品が売れまくっているらしいのですね。

忙しいのと、美しくありたいという欲求の集約なのでしょう?

そう考えると、ウォーキングって最も簡単な「モバイルエクササイズ」アンド「モバ美」です。

私のウォーキングは健康やパフォーマンスアップ基軸なのですが、百貨店などでは

「ビューティフルウオーキング」「シェイプアップウォーキング」などと銘打ってイベントします。

動きや身体の美しさだけを求めるのではなく、「歩くと肌も美しくなりますよ!」と言い切ってます。

運動時の血流量データを基に説明するのですが、

皮膚への血流量がアップするのは中等度運動時です。

安静時は皮膚へは500ml/分ですが、中等度運動時には1900ml/分まで血流量が増えます。運動強度がこれより高くなると血流量は逆に減ってしまいます。

この中等度運動がちょうど速歩きくらいです。

外からだけでなく、内側からも美しくなってください。

投稿者:園原 健弘 |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

[2011-06-02 11:45:50]

人工呼吸は太った人に。
人工呼吸は太った人に。 ムッ久本の監修で編集の方と話しをしていて、

「読者の方から有酸素運動しても痩せないんだけど。」と良くクレームというか感想を頂くのですが、どうしたもんでしょう?

と質問。

「運動の種目自体は有酸素運動のカテゴリーで認識されていても、細胞の代謝レベルでみると無酸素運動になっていることありますからね。」

と返答。

解る人にはわかりますよね。

時速5KMのウォーキングでも、人によっては無酸素運動になってしまいます。

以前、ジムで代謝量を測るために呼気分析をした事があったのですが、糖尿病に罹患しているという男性に時速5KMで歩いてもらったところ、ほとんどのエネルギーが糖を使っているという結果。

呼気の酸素と二酸化炭素の量を測定し、細胞内のエネルギー代謝を分析します。この男性の場合は呼気の中の酸素の量が多いので、脂肪がエネルギーとして使われず、糖ばかりが代謝されているという結果です。脂肪が上手く燃えている人は二酸化炭素の量が多い。

糖尿病の場合の運動はインシュリン感受性を良くして血糖値を上げにくくするのが第1歩なのですが、ひとつやり方というか意識を間違うと、糖代謝が促進され、血糖値が下がる、お腹が減る、炭水化物や缶コーヒーを飲む、血糖値があがる、脂肪が貯まるという悪循環に陥りかねません。

最近のマラソンブームで運動経験のない人が走りだすと、逆に体重が増えるのはこのパターンです。

脂質代謝機能をアップさせたいのですが、糖質代謝機能のみアップしてしまう。

じゃあ、どうすれば?というところですが。

「適切な運動強度を設定して運動する。」ということですかね。細かい説明はそのうち。


笑い話しですが、

「海で溺れたら、太った人に人工呼吸してもらったほうが生き返る率高い。酸素いっぱい吐き出してるからね。」なんて話しながら実験してました。

写真:私の好きな 「まるいちつぶ旨」 の明太子。

投稿者:園原 健弘 |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

[2011-05-05 09:37:08]

フィギュアスケートKISS&CRY
フィギュアスケートKISS&CRY 真央ちゃん痩せすぎですね。新聞報道にもありました、「減量失敗」と。

ジャンプが真央ちゃん最大の武器ですからジャンプに負担がないようにと体重を減らすのは問題ありませんが、身体の質量のバランスも崩れて遠心力が働かず回転不足で両足着地、という感じでしたね。

コマを思い出していただければわかると思いますが、もう少し上半身が太っていてもいいのでは。胸を残して、ウエストやお尻を細く。

マラソン指導していると、良く指導をアドバイスを求められるポイントです。「先生、胸から痩せるんですけど?」

成長とともに、身長や体重だけでなく、各部位の筋肉量や脂肪量の質量にも変化がでるので、少女時代と同じ感覚で跳んでいても上手く行かない、ということになります。

演技内容に身体を合せるか、身体に演技を合せるかという選択をしないといけないのですが、過去の成功例をベースに組み立てるので前者を選択することが多くなりスランプに陥ります。

荒川静香さんなんかは身体に演技内容をしっかり合わせて金メダルですね。

基本的にはアスリートは世界選手権チャンピオンではなくオリンピックの金メダルが目標なので今回の世界選手権もひとつの通過点ですから、上手く課題を見つけて解決してほしいですね。

安藤美姫選手の場合は精神的な揺れが問題だったようですので、それをモロゾフコーチが上手く解決してくれているようです。「マスコミが正当な評価をしてくれない。」と心が委縮したりひねくれたりした感じでしょうか。たしかに安藤選手が優勝しても真央ちゃんが新聞の一面だったりしますし、理解できる精神的感情だと思いますがメンタル面も大きく影響するフィギュアでは命取りですね。

ただ、マスコミがあまり裏側も探り過ぎてコーチとの絡みが美しく見えないところがあるのでスポーツ報道のあり方も見直してほしいですね。

今回の世界選手権はロシアが急遽代替え開催してくれ、日本への最大の配慮をしてくれたのですが、そのあたりの報道が全くされていないのは残念です。

まあ、日本のスポーツ中継は、今やゴルフは遼君中継、フィギュアは真央ちゃん中継という感じでスターを作りだして視聴率を取るという作戦ですから。

世界陸上や世界バレーも競技そのものでは視聴率が取れないのでタレントや演出、事前の選手のストーリー作りで視聴者を引き付ける作戦ですからね。

いいとか悪いとかはそれぞれの価値観です。スポーツが経済活動の一環に中で成り立っているのは事実ですから。ただスポーツその物の本質が置き去りにされているのは取り戻さないといけませんね。

アスリートもパフォーマンスそのもので人を魅了できるような方向性を目指してほしいです。そこそこの成績でそれまでの苦労話しを売りにするのではなく。

写真:ウォーキング指導の筆者:身体に合わせて歩くです

投稿者:園原 健弘 |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

[2011-04-30 09:29:25]

楽天、ベガルタ
楽天、ベガルタ 東北復興・東北の元気の象徴として位置付けけられるこの2チームの地元開幕戦での勝利。本当によかったですね。

東北の皆さんが本当に楽しんでいる様子や勝利を喜んでる映像を見て、「やっぱり勝って良かった。」と。

もちろん勝負事ですので勝ち負けありますから、負けても一生懸命な姿に共感し評価はありますが、勝つことは大切です。

価値観が多様化する現代においてスポーツはみんなの連帯感を作り出すのにまだまだ大きな力があることを認識させられます。

さて、試合の分析ですが、楽天、ベガルタはこの試合を長いリーグ戦の1戦とは位置付けず、「大切な試合」と位置付けたわけです。

かたや相手チームはリーグ戦の1戦です。プロでアスリートですから、手心を加えるなんてことはあってはなりませんが、相手チームの中には「この試合勝ちたくないな?!」なんて気持ちが多少は多少はですがなかったとは言い切れないかもしれません。

回りの雰囲気が、勝利の方向性を導くような典型的な例です。

勝ったチームよりも相手方が「負けて良し。」とする雰囲気。そんなのをスポーツ選手は作りだすことが大切です。「この相手には勝てない。」となるようなオーラ。

一時期の巨人や大鵬なんてそんな感じだったと思います。

「そんな、曲った見方するなよ。」と怒られそうですが、今年の遼君はトーナメントの獲得賞金を全額義援金に回すそうです。遼君の場合はトーナメントでの獲得賞金の10倍くらいの(5倍くらいかな)スポンサー収入がありますので、こうしたことが出来る訳です。

作戦ではありませんが、最後に優勝を争っていた場合、回りのギャラリーやファンは、遼君を今まで以上に応援するわけです。

そんな意味で、楽天やベガルタに優勝してほしい、というみんなの願いが強くなれば、優勝実現の確率は上がってくると思います。

ただ、そこにはベースとなる技術や体力、マネージメントが前提条件です。正直プロになって一軍で活躍するくらいの選手にはこのベースはあります。

よく、「スポーツは精神力ですね。」と聞かれますが、精神力は大切ですが、「それ前にやることはたくさんありますよ。根性とか見せないでも勝てるように、動けるようになりましょうね。」ということです。

どんなにイメージしたり精神的に強く思っても「体が動かなければ意味がありません。」筋肉や身体が最高の状態に高まれば回りの期待にもリラックスして応えることが出来ます。

そういった意味では楽天もベガルタもいい準備が出来ていたのだと思います。やるべきことを淡淡とやるだけです。

そして、やるべき事をやりつくした時精神的な力で差をつけるのです。やるべき事があるのに精神世界で頑張ると怪我しますよ。不調におちいりますよ。スポーツが嫌いになりますよ。という感じかな。

それと、星野監督のマネージメント。こうした有事の時にはこれくらいスパルタの方が力発揮しそうです。これについてもまたアップします。

写真、心や体が縮んでると思ったら壁を使ってストレッチ。背中の緊張を解きましょう。

投稿者:園原 健弘 |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

[2011-04-24 22:46:14]

トライアスロンで体脂肪がどれくらい減る?
トライアスロンで体脂肪がどれくらい減る? 24日は宮古島でトライアスロンアイアンマンレース(スイム3Kmバイク155Kmラン42.195Km)でした。

LIVEPLUSのトップページでも特集組んでいたように、トライアスロンはエグゼクティブが今もっともはまっているスポーツのようです。5月15日にはホノルルでオリンピックディスタンス(スイム1.5Kバイク40Kラン10K)の大会も開催されます。ホノトラと呼ばれ女性の参加者も多いようです。

さて、表題のトライアスロンで体脂肪はどれくらい減るか?

アイアンマンだとトップ選手で消費カロリーは8000Kcalくらいですかね。体脂肪は1gで7Kcalのエネルギーを作りますので、体脂肪1Kg減らすのに7000Kcalです。

ということは、宮古島で体脂肪が1Kg減ったのか?というとそうは行きません。

人間が運動する時のエネルギーは糖か脂肪です。エネルギー代謝においては必ず糖が使われます。脂肪100%ということはありません。脂肪はだいたい使われても50%くらいがいいところだと思いますので、このレースで500gくらいの脂肪が減ったことになります。

4000Kcalを脂肪で賄えたとすると、残りの4000Kcalを糖(グリコーゲン)で賄うわけですが、トップ選手でもローディング(貯蔵)出来る糖は500g(一般人は300g)です。糖は1g4Kcalのエネルギーを作るので2000Kcal分のエネルギーを持ってスタートしたとしても、2000Kcal足りません。

それではこの2000Kcalをどうやって調達するかです。給食物、給水。出来れば、体内の脂肪で賄えればベストですよね。

体重60Kgで体脂肪20%なら12,000gの体脂肪があります。エネルギーで言うと84,000Kcal。約42日分。糖だと半日分です。

それでは脂肪を燃やしやすい身体にするトレーニングとは?

写真の宮塚英也さん、<アイアンマンの第一人者です。現在那須在住。サニーサイドアップ(中田選手や北島選手の事務所)の第一号契約選手です。>に昔トライアスリートのトレーニング法教えてもらいました。ちょっと常識と違います。脂質代謝機能をどうアップするか?そのうちアップします。

投稿者:園原 健弘 |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

ようこそ LIVE station へ!ゲスト さん

新規会員登録

ログイン

詳細はこちら

キトイオンラボ

一般社団法人キトイオン協会

新着スペシャルブロガー

Beauty and Fashion

Beauty and Fashion

やまとなでし子NEW
ライフスタイル研究家のBe Happ! ヒト・モノ・コト

ライフスタイル研究家の
Be Happ! ヒト・モノ・コト

ライフスタイル研究家NEW
日本文化マイスター石上七鞘の暮らしを楽しむ歳時記日記

日本文化マイスター石上七鞘の"伝統ある人生儀礼を楽しむ”

石上 七鞘NEW
ART LLFE

NYで活躍するジュエリー作家
ART LIFE

Kyoko HondaNEW
ママと子どもたちのハッピーコミュニケーション

ママと子どもたちの
ハッピーコミュニケーション

植原紫貴NEW
愛おしんで暮らそう~お願いが叶う法則~

愛おしんで暮らそう
~お願いが叶う法則~

大原万里亜NEW
美ボディ工学

美ボディ工学
~yoga.naturallife~

Yoko SotaNEW
スポーツボイトレ タケモトタクシのさわやかブログ

スポーツボイトレ タケモトタクシ
さわやかブログ

タケモトタクシ
Beauty and Fashion

大西さゆりのブログ in バリ
バリ島繁冗記

大西さゆり
『なかとりもち』として 神主 宮川貴文

『なかとりもち』として

宮川貴文
BODY CELEBRITY -ボディセレブリティ-

BODY CELEBRITY
-ボディセレブリティ-

東 祐由紀
日本の女性をもっと日本の食で美しく…やまとなでしこ食道

日本の食でもっと美しく…
やまとなでしこ食道

もりおかまりこ
心と身は、一つの如し 心身一如の PLUS 情熱ブログ

心と身は、一つの如し
心身一如の PLUS 情熱ブログ

健康いきがい伝道師 佐藤健一
Beauty and Fashion

快適睡眠でライフスタイルアップ!

快眠サロン水月 小林瑞穂
フィットネスインストラクター漆崎由美のうるうるの元気一番ブログ

フィットネスインストラクター漆崎由美のうるうるの元気一番ブログ

漆崎 由美
happy life

happy life

佐野 吉美
キレイが続く美のルール

キレイが続く美のルール

東 ちえこ
まりなでしこ

~日本女性の美しさをはぐくむサロンオーナー~まりなでしこ

岡本 真理
祝園美のお祝い日記

祝園美のお祝い日記

祝 園美
道端やす代のツイてる!人生繁盛レッスン

道端やす代の
ツイてる!人生繁盛レッスン

道端 やす代
園原健弘のRUN&WALK Blog

園原健弘のRUN&WALK Blog

園原 健弘
ナチュラルファースト院長のブログRecovery & Beauty Blog

ナチュラルファースト院長のブログ
Recovery & Beauty Blog

森谷 博之
食が変われば人生が変わる!栄養士ゆきよの仕事日記

食が変われば人生が変わる!
栄養士ゆきよの仕事日記

柏原 幸代

ページ上部へ戻る