LIVE station blog(ライブステーションブログ) トップページへ 
ワンピースブログとは?

なりたかった自分に近づく…ウェブログサイト LIVE station blog(ライブステーションブログ)

LIVE station ONEPIECE BLOG ( ライブステーション ワンピースブログ ) ヒトカケラの想いを残す投稿型ショートウェブログ

ライブステーションスペシャリストブロガー募集中!

専属ブロガー様バナー

プロフィール

プロフィール写真

園原 健弘

1992年:バルセロナオリンピック競歩代表
1996年:アトランタオリンピック陸上チームコーチ

世界陸上3回連続出場、箱根駅伝2回出場など競技者としての経験をベースに健康づくり・ダイエット指導など幅広い分野で活躍中。神楽坂にてスポーツジム経営。著書に『楽しい健康ウォーキング入門』(技術評論社)、『メタボリックに効く股関節ウォーキ
ング』(学研)『正しく歩いて東京マラソン完走』(小学館)などがある。美的・anecanなどファッション誌でもウォーキング監修多数。株式会社ラバ・チューブ代表取締役

http://www.lava-tube.co.jp

最新記事

[2011-04-21 23:35:51]

かけっこの家庭教師。
かけっこの家庭教師。 3月・4月は小学生・中学生のかけっこの個人レッスンの依頼が増えます。

土曜・日曜の東京体育館陸上競技場は小学生のかけっこ教室がいくつも開催されていて年間通して大賑わいです。

新学期になると、体力測定で50M走があるので少しでも速くしてやりたいという親心なのか、きちんと将来を見越した成長のためエクササイズと理解しているかは?ですが。

「スキャモンの成長曲線」この業界(フィットネスやスポーツ指導)の方ならご存知かと思いますが、人間は12歳くらいまでで成人の90%以上の神経が発達します。この年齢までは、技術習得など神経回路の繋がりを重視するような運動が必要です。ちなみに運動神経という神経はないんですよね?運動ニューロンとういのはありますが。

筋力や持久力は後からいくらでも養えますが、ボールのリフティングや、球を捉える感覚などはこのタイミングで養った方がいいようです。

そんな、観点も踏まえながら、目先的なタイムのアップと将来に結び付くような神経発達を促す個人レッスンを行ないます。

かけっこを速くするのに、こどもの筋力をアップさせるようなアプローチは論外ですので、疾走姿勢の改善や、着地ポイントの改善、地面反力を利用したストライド(到達点)のアップ、素早い動作習得、などを行ないます。

ここで、速い動きだと動作を習得しにくいので、歩行かランニングに移行するエクササイズを行います。岩手大の清水茂幸先生の実験では歩行訓練を取り入れたグループの方がタイムアップが顕著でした。

競歩からランニング、小刻みステップ、スキップ、アキレス腱ジャンプなどが主なエクササイズです。

まあ、子供の体育の家庭教師ビジネスが成立するのも東京だけかもしれません。それも山の手線周辺だけかな。

写真:筆者 重心の真下に着地するとブレーキがかかりにくい。この着地の反力で出来るだけ遠くまで跳ぶ。

投稿者:園原 健弘 |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

[2011-04-18 22:35:25]

柏原君(東洋大)はなぜ登りが強いか?
柏原君(東洋大)はなぜ登りが強いか? 最初のエントリーの宿題のもうひとつ、箱根駅伝で柏原君はなぜ登りが強いのか?

エビデンスがある訳でないので、私の独善的な仮説と思って読んで下さい。

テレビや新聞では「気持ちが強いんですよね!」「積極的な性格なんです。」と精神論で終わりです。こんな解説なら楽ですよね。(Sさんに怒られるか。)

やはりここは身体的な特徴や動きに何か優位性はないかと観察するのが我々の使命です。そしてその優位性が我々の日常動作やスポーツシーンで何かメリットを与えることが出来るかどうかという視点が必要だと思います。

柏原君の身体的データ(VO2MAXとか毛細血管密度とか大腰筋の太さとかハムストリングの筋力とか)は公表されてないので、柏原君の走り、過去の山登りの名ランナーとの共通点、登りに強い選手に共通してでてくるようなコメント、人物などから、おおよそ動きを想定して自分でその動きを作ってみて「あっ、こんな感じか。」と納得して、みなさんにご迷惑をかけない程度に情報を出して行くという経過を辿ります。

過去の登り名ランナー(全て知っていたら、相当な箱根駅伝おたくです。)大久保初男(大東文化)奈良修(大東文化)木下哲彦(早稲田:マラソン解説の金ちゃんです。)今井選手(順天堂:現トヨタ九州)くらいかな。

彼らの走りの特徴は腕振りが横振りです。そして上体がしっかりしている感じがあります。

つまり、足だけで走ってないということですね。走る時に軸をしっかり作れる感じです。軸についても定義が必要ですが、竹馬のように、前方方向への軸でなく、回転する時の中心となる軸という感じです。前方に着地した脚を軸として腕を端点となるように重力の影響を受けないように水平方向での振り子運動を作り出し、それを前方への推進力に転換させている。わかるかな。これだと平地で大成しない説明もつくんですが。

転換ポイントは、一般的に言われているように大腰筋が強く、ふくらはぎを使わないでハムストリング、大殿筋をしっかり使って走るという感じです

指導する時は「踵で蹴って下さい。」それと股関節や骨盤の伸張反射の利用。

写真:報知新聞 後はわが母校明治

投稿者:園原 健弘 |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

[2011-04-17 23:06:13]

遼君、祐ちゃん活躍中!
遼君、祐ちゃん活躍中! 我々が子供の頃のスーパースターは大鵬、長嶋茂雄、王貞治でしたね。私がスポーツ用品メーカーにいた1980年代?2000年くらいの間は、そのカテゴリーでは有名でも国民みんなが知っているというスーパースターはいなかったような感じですが。

二代目貴乃花が何んとなく行けそうな雰囲気でJALの「ただいまJALで移動中」のCMの頃はかなり勢いありました。が、その後はもうひとつだったような。

まあ、メディアの状況や文化、ライフスタイルの多様性を考えるとなかなかスーパースターは出現しにくい環境ではありますね。そんな中でも、イチロー君と遼君はスーパースターではないでしょうか。

今日は、遼君が3位、祐ちゃんがプロ初勝利です。やっぱりこの二人は何か持ってます。

遼君や祐ちゃんイチロー君や松坂君より、努力している選手は世の中にたくさんいると思います。彼らの2倍努力している選手もいると思います。それでも結果は彼らの方が抜群に抜きんでている。

持っているからです。身体の使い方の上手さ、エネルギー効率の良さ、です。

単純な筋力やテクニックだけでなく、ボールや地面に効率よく力を伝える身体能力。

パワー=力×加速度です。末端(手先や足先、バットやクラブ)に加速度を与える身体の使い方。そんな意識で動きをつくることがアスリートには重要です。一般の方もそうですね。

今、プロやオリンピックで活躍する選手は親子鷹が多いですね。小さい時に筋力や持久力でなく反射的に動きが作れるようにしておくと将来大成するような感じかな!?

写真:4・17石川県輪島市日本選手権50KM競歩

投稿者:園原 健弘 |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

[2011-04-15 18:39:15]

黒人はなぜ速い
黒人はなぜ速い 黒人選手はなぜ速い

空前のマラソンブームです。

ランニングがライフスタイルに定着した。と私は思ってますが、ちょっと行き過ぎてる感もありますかね。

大会がどんどん創設されたり、毎週毎週レースに出るランナーが増えたり。

ランナーなら黒人選手のように軽やかで伸びやかに美しく走りたいと思いますよね。しかし現実は黒人選手のようにバネのある走りはなかなか出来ません。私もそうした指導はしませんし。

何故黒人選手は速いのか?

ベストアンサー「エネルギーの利用効率が高いのです。」

それは骨格の形状や腱の長さなどに関係しています。ケニア人の体形を思い浮かべて下さい。骨盤が前傾し腰椎が前湾して胸が突き出されているようなフォームです。日本人がこんな姿勢を維持したら腰痛になりそうです。更に膝から下が細くて長く、強くて長いアキレス腱を持っています。

骨盤の前傾により、重心の位置が高く垂直軸より前方にあるので、重力などの力を推進力に変えやすい体形です。

さらに強くて長いアキレス腱はバネのように働き筋肉の張力のようにエネルギーを消費しません。また日本人のよう大腿骨や脛骨の湾曲が少なく、地面からの反力もスムーズに推進力に変えられます。

そのため黒人選手はバネのように飛ぶ走りをしても疲れないんですね。

私の田舎の長野では走ることを「とぶ」と言ってたんですが、昔は飛ぶように走ってたんですかね。

写真:ECCO ナチュラルモーション

投稿者:園原 健弘 |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

[2011-04-13 13:26:30]

皆様、はじめまして!
皆様、はじめまして! 皆様、はじめまして園原です。

ウォーキングやランニングを中心とした皆様のお役に立ちそうな情報を随時アップしていきますね。


まずは簡単に自己紹介から、東京は神楽坂で小さなスポーツジムを経営しながらあっちこっちでウォーキング、ランニングの指導をさせて頂いております。

バイオメカニクスやクリニカルな視点からウォーキングやランニング、スポーツを見る癖があるので、そんな情報を随時発信して行きますよ。

例えば、正月の箱根駅伝。黒人選手は何で速いの?柏原君はなんで山登りが強いの?なんて皆さんが疑問に思うことを私の知識の中でご披露して行きますね。

土日には、各地でスポーツイベントが開かれるので、月曜日にはそのスポーツの背景や勝敗因の科学的分析(ちょっとオーバー)なんかもアップ出来ればと思っております。

それでは次回!

「おい、黒人選手の話しはどうなった。柏原君の話しは。」

あっ、そうでした。

黒人選手は骨盤の前傾とアキレス腱。柏原君は大腰筋ですかね。次回詳しくアップ致します。

それでは皆様宜しくお願いいたします。



写真:今年の東京マラソンEXPOでのトークショー MC:山本モナさん ゲスト:竹田圭吾(ニューズウィーク編集長)と

投稿者:園原 健弘 |テーマ:スポーツ&フィットネス | Comment:0件

ようこそ LIVE station へ!

ゲスト さん

新規会員登録

ログイン

詳細はこちら

キトイオンラボ

一般社団法人キトイオン協会

石井直方先生に聞いてみよう!

新着スペシャルブロガー

Beauty and Fashion

Beauty and Fashion

やまとなでし子NEW
ライフスタイル研究家のBe Happ! ヒト・モノ・コト

ライフスタイル研究家の
Be Happ! ヒト・モノ・コト

ライフスタイル研究家NEW
日本文化マイスター石上七鞘の暮らしを楽しむ歳時記日記

日本文化マイスター石上七鞘の
"伝統ある人生儀礼を楽しむ”

石上 七鞘NEW
ART LLFE

NYで活躍するジュエリー作家
ART LIFE

Kyoko HondaNEW
ママと子どもたちのハッピーコミュニケーション

ママと子どもたちの
ハッピーコミュニケーション

植原紫貴NEW
愛おしんで暮らそう~お願いが叶う法則~

愛おしんで暮らそう
~お願いが叶う法則~

大原万里亜NEW
美ボディ工学

美ボディ工学
~yoga.naturallife~

Yoko SotaNEW
スポーツボイトレ タケモトタクシのさわやかブログ

スポーツボイトレ タケモトタクシ
さわやかブログ

タケモトタクシ
Beauty and Fashion

大西さゆりのブログ in バリ
バリ島繁冗記

大西さゆり
『なかとりもち』として 神主 宮川貴文

『なかとりもち』として

宮川貴文
BODY CELEBRITY -ボディセレブリティ-

BODY CELEBRITY
-ボディセレブリティ-

東 祐由紀
日本の女性をもっと日本の食で美しく…やまとなでしこ食道

日本の食でもっと美しく…
やまとなでしこ食道

もりおかまりこ
心と身は、一つの如し 心身一如の PLUS 情熱ブログ

心と身は、一つの如し
心身一如の PLUS 情熱ブログ

健康いきがい伝道師 佐藤健一
Beauty and Fashion

快適睡眠でライフスタイルアップ!

快眠サロン水月 小林瑞穂
フィットネスインストラクター漆崎由美のうるうるの元気一番ブログ

フィットネスインストラクター漆崎由美のうるうるの元気一番ブログ

漆崎 由美
happy life

happy life

佐野 吉美
紗楽の素敵エナジー生活 私が私であるために・・・輝けること エステサロン&スクール「紗楽」引田ひろ美

紗楽の素敵エナジー生活
私が私であるために…輝けること

エステサロン「紗楽」 引田ひろ美
キレイが続く美のルール

キレイが続く美のルール

東 ちえこ
まりなでしこ

~日本女性の美しさをはぐくむサロンオーナー~まりなでしこ

岡本 真理
祝園美のお祝い日記

祝園美のお祝い日記

祝 園美
道端やす代のツイてる!人生繁盛レッスン

道端やす代の
ツイてる!人生繁盛レッスン

道端 やす代
「私らしく輝くための「自分磨きコンシェルジュ」

私らしく輝くための
"自分磨きコンシェルジュ”

眞田 まゆみ
園原健弘のRUN&WALK Blog

園原健弘のRUN&WALK Blog

園原 健弘
ナチュラルファースト院長のブログRecovery & Beauty Blog

ナチュラルファースト院長のブログ
Recovery & Beauty Blog

森谷 博之
食が変われば人生が変わる!栄養士ゆきよの仕事日記

食が変われば人生が変わる!
栄養士ゆきよの仕事日記

柏原 幸代

ページ上部へ戻る