LIVE station blog(ライブステーションブログ) トップページへ 
ワンピースブログとは?

なりたかった自分に近づく…ウェブログサイト LIVE station blog(ライブステーションブログ)

LIVE station ONEPIECE BLOG ( ライブステーション ワンピースブログ ) ヒトカケラの想いを残す投稿型ショートウェブログ

ライブステーションスペシャリストブロガー募集中!

専属ブロガー様バナー

プロフィール

プロフィール写真

石上七鞘

性別:男性  

生年月日:1947/1/17

博士(文学) 専門分野、民俗学・古代日本文学/執筆家/講演家

松蔭大学教育開発センター長、コミュニケーション文化学部長、日本文化コミュニケーション学科主任・教授として教鞭をとる傍ら、日本古来の伝統文化や土地に纏わる暮らしぶりを、研究・伝承・継承していく事を自身のライフワークとしている。
平成19年8月 日本テレビ“世界一受けたい授業”に講師として出演する他、平成21年スカイパーフェクトTV「暮らしの知恵を科学する~木火土金水、陰陽5行を中心に日本人の生活の知恵と工夫を探る」番組等にも出演。世界遺産検定公式テキスト:日本の伝統文化遺産を監修。著書『日本の原点』『日本の民俗伝承』『化粧の民俗』『十二支の民俗伝承』他を執筆。高崎正秀博士記念賞受賞
上代文学会理事
NPO法人現代女性文化研究所理事
公益財団法人ミツノ教育振興財団理事
民俗学研究所所長
上代文学研究所所長
一般社団法人和ハーブ協会(JHF:Japan Herb Federation)顧問
教育と文化を振興する「教育文化研究会」代表

最新記事

[2012-03-06 19:41:40]

啓蟄
啓蟄 3月5日は、啓蟄(けいちつ)です。


虫が土の中から穴を開いて動き出す日。今年は3月5日。一雨ごとに気温も上昇し、日差しも長くなっていよいよ春に近づいてきました。いよいよ動物たちが冬眠から覚めて動き出すのです。

哺乳類や鳥類のような恒温動物には冬眠するものとしないものが存在しますが、爬虫類や両生類のような変温動物は、冬眠します。 冬眠は体温が急激に下がって代謝が衰える状態なので、外気温によって体温が変化する変温動物は、冬になれば自動的に冬眠する訳です。

恒温動物の中には、冬眠そのものは、餌がすくなく、かつ寒さのため生命の維持が困難な冬期を生き抜くための方法なのです。冬眠しないと冬期に生き残れない動物が冬眠するのではと思われます。このことは冬眠する哺乳類のほとんどが、リスやねずみ等の小型の動物ということからも冬眠の習性の意味がうかがえます。

 ちなみにクマは、冬の間も自由に起きて餌を食べ、また寝るを繰り返しているので、冬眠ではなく「冬ごもり」だそうです。
冬ごもりといえば、春と秋の素晴らしさを競ったおり、額田王(ぬかたのおおきみ)が歌った「万葉集」の歌に、

冬ごもり 春さり來れば 鳴かざりし 鳥も來鳴きぬ 咲かざりし 花も咲けれど 山を茂み 入りても取らず 草深み 取り手も見ず 秋山の 木の葉を見ては 黄葉をば 取りてそしのふ 青きをば 置きてそ歎く そこし恨めし 秋山われは(巻1の16番歌)

現代語訳  冬が過ぎて春が来ると、今まで鳴かなかった鳥がさえずり、咲かなかった花も咲きます。けれども、山には木が生い茂り、入っていって取ることはできません。草が深くて手に取って見ることもできないのです。秋山は、紅葉した木の葉を手にとっていいなと思います。まだ青いままては惜しいと溜息をついています。その点が残念ですが、私はそんな秋山がいいと思います。

皆さんは、春と秋のどちらが好きですか?

投稿者:石上七鞘 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

[2012-03-01 19:13:37]

雛祭り
雛祭り 雛祭りは「上己」「桃の節句」ともいい、3月3日の行事で5節供の一つです。

中国の周の幽王が雛を供えて天下を治めた故事が、我が国に平安時代に伝えられたものといわれています。

また3月は辰の月なので辰と己が重なることを忌み謹んで最初の巳(上巳)に「磯遊び」「浜降り」と称して禊祓を行い、人形に身の穢れや災いを託して海や川に形代として流したのが期限とも言われています。

また近畿地方より西では、この日あるいは翌日に桜花を稲の花に見立て、秋の実りの兆として花見を行っています。

これは田の神をお迎えし秋の豊作をお祈りする行事での日でもあります。

最近ではキティちゃんのお雛様も見受けられます。

投稿者:石上七鞘 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

[2012-02-17 19:10:36]

雨水(うすい)
雨水(うすい) 2月19日は二十四節気の一つで、農耕の準備を始める目安とされてきた大事な節気です。空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころ。『暦便覧』には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と記されています。この時節から寒さも峠を越え、衰退し始めるという考え方もあります。この頃から春一番が吹き、鶯の鳴き声が聞こえ始める地域もあります。


節気を三等分する七十二候では、

■初候
土脉潤起(つちのしょう うるおい おこる):雨が降って土が湿り気を含む。

■次候
霞始靆(かすみ はじめて たなびく):霞がたなびき始める。

■末候
草木萠動(そうもく めばえ いずる):草木が芽吹き始める。

春の霞に対して秋は霧をうたうものとしては、『古今和歌集』の巻4の210番歌に、「題しらず 読人知らず 」として、


春霞 かすみていにし 雁がねは 今ぞ鳴くなる 秋霧の上に


(現代語訳) 春霞がかかった時に帰っていった雁は、今鳴いている、秋霧の上空に、
とあります。いよいよ春めいて来ましたね。

投稿者:石上七鞘 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

[2012-02-03 14:22:21]

大寒から節分・立春へ
大寒から節分・立春へ 1月21日が大寒でしたね。 大寒は、一年でもっとも寒い時期で、小寒(1月6日)から数えて15日後とされており、この小寒から大寒までの15日間と大寒から立春(2月4日)までの15日間の合計30日間を「寒[かん]の内」といいます。この時期には様々な行事が行われます。寒気ならではの仕事、食物(寒天、酒、味噌、凍り豆腐)を仕込んだり、天然氷を切り取って氷室(ひむろ)にいれたりします。『日本書紀』仁徳天皇六十二年の条に額田大中彦皇子(ぬかたのおおなかつひこのみこ)が狩りに出掛けたとき、光るものを発見したとの記述が氷室の最初といわれています。

節分(2月3日)は節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬の前日に、1年に4回あったものでした。ところが、立春は1年の始まりとして尊ばれたため節分といえば春の節分を指すようになったのです。
立春は、1年のはじまり=新年でしたから、節分はもと大晦日(おおみそか)でした。平安時代宮中では、大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われました。節分には豆撒(ま)きが常ですが、豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味もこめていました。しかしながら、豆撒きは、もとは歳神様へのお供え、散供でもありました。

立春(2月4日)は春立つ日です。905年に成立した「古今和歌集」の巻頭歌に、題詞は「ふるとしに春たちける日よめる」とあり、在原元方の作品です。

年のうちに春は来にけりひととせを こぞとやいはんことしとやいはむ
(口語訳)年内に春は来てしまったよ。まだ新年が来ていないというのに。この一年を昨年と言たら良いのでしょうか、それとも今年といったらよいのでしょうか。
陰暦では12月に立春が来ることがあったのです。春立つ日を感じるのは、やはり日本人の感性の基層といってよいでしょう。

投稿者:石上七鞘 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

[2012-01-13 17:20:56]

小正月と成人の日
小正月と成人の日 元日を中心とした大正月(おおしょうがつ)」に対し、1月15日を「小正月(こしょうがつ)」と言います。「月」を暦の基準にしていた太陰暦の日本では、満月から次の満月までが一カ月でした。一年で初めての満月の日を「正月」にしていました。これが「小正月」の起源です。


2000年から成人の日は1月の第2月曜日に変更されましたが、それまでは1月15日が成人の日でした。正月が来ると、一歳年を重ねるという「数え年」の慣わしの時、20歳の成人に達した日に成人の祝いが行われたのでした。昔の成人儀礼は、男子は「元服」をし、烏帽子を付け、袴を穿(は)いたのです。民間では、叔母くれ褌(おばくれふんどし)といって、叔母さんがお祝いをしてくれました。女子の元服は、「髪上げ」「まゆはらい」などと呼ばれていました。 また、鉄漿(おはぐろ)道具一式をもらいました。これを「かねつけおや」といいます。

我が国では683年(天武天皇11年)に「結髪加冠の制」が定められ、平安中期頃に完成した儀式となります。元服はやがて武家や農民・町人にも広まり、大人の自覚を促す通過儀礼として定着しました。武家では冠ではなく烏帽子が用いられ、農村では若者組の加入式を兼ねていました。



小正月の日の朝には小豆粥(あずきがゆ)を食べて、邪気を除き、その年の豊作を祈願する習慣があります。古くは『土佐日記』や『枕草子』にも小豆粥の記述が見られるように、小豆は米や大豆とともに日本人の食生活に欠かすことができない穀物でした。赤い色の食べ物は体の邪気を祓うと考えられていたため、めでたい日などには赤飯の形で神棚に供えられました。また、赤飯は赤米時代の名残りともいわれています。

また、小正月は女正月(おんなしょうがつ)といいます。正月飾りを燃やす悪霊払いの行事「どんと焼き」(さいと焼き・左義長)などがあります。元々は悪霊払いだった「どんと焼き」が、やがて正月にやって来た年神さまを天に送り返す火(送り火)と考え、これをもって正月の終わりと位置づける見方が誕生しました。

投稿者:石上七鞘 |テーマ:ブラッシュアップ | Comment:0件

ようこそ LIVE station へ!ゲスト さん

新規会員登録

ログイン

詳細はこちら

キトイオンラボ

一般社団法人キトイオン協会

新着スペシャルブロガー

Beauty and Fashion

Beauty and Fashion

やまとなでし子NEW
ライフスタイル研究家のBe Happ! ヒト・モノ・コト

ライフスタイル研究家の
Be Happ! ヒト・モノ・コト

ライフスタイル研究家NEW
日本文化マイスター石上七鞘の暮らしを楽しむ歳時記日記

日本文化マイスター石上七鞘の"伝統ある人生儀礼を楽しむ”

石上 七鞘NEW
ART LLFE

NYで活躍するジュエリー作家
ART LIFE

Kyoko HondaNEW
ママと子どもたちのハッピーコミュニケーション

ママと子どもたちの
ハッピーコミュニケーション

植原紫貴NEW
愛おしんで暮らそう~お願いが叶う法則~

愛おしんで暮らそう
~お願いが叶う法則~

大原万里亜NEW
美ボディ工学

美ボディ工学
~yoga.naturallife~

Yoko SotaNEW
スポーツボイトレ タケモトタクシのさわやかブログ

スポーツボイトレ タケモトタクシ
さわやかブログ

タケモトタクシ
Beauty and Fashion

大西さゆりのブログ in バリ
バリ島繁冗記

大西さゆり
『なかとりもち』として 神主 宮川貴文

『なかとりもち』として

宮川貴文
BODY CELEBRITY -ボディセレブリティ-

BODY CELEBRITY
-ボディセレブリティ-

東 祐由紀
日本の女性をもっと日本の食で美しく…やまとなでしこ食道

日本の食でもっと美しく…
やまとなでしこ食道

もりおかまりこ
心と身は、一つの如し 心身一如の PLUS 情熱ブログ

心と身は、一つの如し
心身一如の PLUS 情熱ブログ

健康いきがい伝道師 佐藤健一
Beauty and Fashion

快適睡眠でライフスタイルアップ!

快眠サロン水月 小林瑞穂
フィットネスインストラクター漆崎由美のうるうるの元気一番ブログ

フィットネスインストラクター漆崎由美のうるうるの元気一番ブログ

漆崎 由美
happy life

happy life

佐野 吉美
キレイが続く美のルール

キレイが続く美のルール

東 ちえこ
まりなでしこ

~日本女性の美しさをはぐくむサロンオーナー~まりなでしこ

岡本 真理
祝園美のお祝い日記

祝園美のお祝い日記

祝 園美
道端やす代のツイてる!人生繁盛レッスン

道端やす代の
ツイてる!人生繁盛レッスン

道端 やす代
園原健弘のRUN&WALK Blog

園原健弘のRUN&WALK Blog

園原 健弘
ナチュラルファースト院長のブログRecovery & Beauty Blog

ナチュラルファースト院長のブログ
Recovery & Beauty Blog

森谷 博之
食が変われば人生が変わる!栄養士ゆきよの仕事日記

食が変われば人生が変わる!
栄養士ゆきよの仕事日記

柏原 幸代

ページ上部へ戻る