• トップページ ≫
  • ファッション ≫
  • ファッションでニッポンに灯をともそう!好きなものを身につける!わたし流ファッション宣言

Fashion(ファッション)フィットネスやスポーツもオシャレに。ライブプラスが発信するカワイイウェアでその日のエクササイズも気分上々!

ファッションでニッポンに灯をともそう!好きなものを身につける!わたし流ファッション宣言

HAPPY FITNESS FASHION

震災などの被災地でボランティア活動をしている友人から聞いた話だ。

阪神大震災が起こった後、彼は神戸へ向かい、町の復興作業を手伝った。ある日、被災した人たちが住んでいる仮設住宅へ出かけてみると、なにやら派手なセーターを着たおばあさんがいた。発光塗料が入っているような、明るいピンクのセーターだ。「きれいなセーターを着ていますね」彼がそう声をかけると、おばあさんはこう言って苦笑いした。「本当は恥ずかしいんだけどね、でも寒いから仕方ない」話を聞くと、そのセーターは同じ仮設住宅に住んでいる二十歳くらいの女の子からもらったもので、「私は若いから大丈夫」と、譲ってくれたのだという。女の子の善意もあって、「私には派手過ぎる」と、さすがに言えなかったのだろう。しかし、やっぱり居心地の悪さは隠せないようで、表情は微妙だった。
数日経ってから再びその仮設住宅を訪ねてみると、また、ピンクのセーターを着たおばあさんがいた。「こんにちは」と後ろから声をかけると、振り返ったおばあさんはなんだか別人のように明るく可愛らしい表情をしていた。「似合うねって、みんな、言ってくれるのよ」と、まんざらでもなさそうだ。着る服は人を変える。性格も表情も、あっという間に変えてしまう。そんな力がファッションにはある。

この原稿を書いているのは、3月18日。

あの、東北地方太平洋沖地震が起きて、7日後だ。地震と津波の被害は甚大で、いまだ福島原発の問題も解決の糸口が見えず、電力不足も深刻のまま。テレビでは被災地の惨状が繰り返し放送され、街では節電のためあちこちのネオンが消え、停電の間は信号まで消灯する。いつもは煌煌とまぶしいスーパーやコンビニでさえ、びっくりするほど薄暗い。もちろん、節電をする理由はよくわかる。でも、先日、地震以来閉店していたフィットネスクラブが久しぶりに営業を再開したので出かけてみると、ちょっと驚いてしまった。照明が控えめのせいか、人の顔がどんより暗く見えるのだ。実際は気のせいかもしれないけれど、淡く影がさした顔には、心に負った傷や悲しみが映し出されているような感じがする。

ニッポン中が、悲しみに打ちひしがれている。

先の見えない不安に押しつぶされそうになっている。しかし、そのなかでもみんながなんとかしたいと思っている。だったら、こんなときこそ心と体をすこやかにするフィットネスの出番だ。お金や知恵や技術を援助するには限度があるが、元気なら誰でも出せる!

そこで、私なりにもっとフィットネスクラブを、ひいてはニッポンを、明るく盛り上げていく方法を考えてみた。

それは拍子抜けするほど簡単だ。みんなで明るい色のウエアを着るのである。シャツでもパンツでも、黒や紺やグレーじゃなくて、もっとカラフルでわくわくする色を着よう。冒頭のおばあさんがピンクの服を着たらたちまちイキイキしたように、私たちも明るい服を着て気分を上げていこうじゃないか。ニッポンが暗く沈んでいるのなら、ファッションで灯をともそう!

ニッポン中が、悲しみに打ちひしがれている。

心機一転、ウエアを新調するのもいいだろう。そのとき、パッと顔周りが明るく見えるような、ピンクや赤やオレンジなどを選んでみよう。水色や黄色や緑も素敵だ。「悪いな、オレはいつでも黒と決めてるんだ」そんなニヒルな男性もいるかもしれないが、そういう人がたまに違った色を着ると、女性はドキッとするものだ。「そうはいっても、明るい色は着慣れないから落ち着かない」それなら、シューズを変えるのはどうだろう。あるいは、手始めに靴ひもだけ変えてみるのもいいかもしれない。タオルでもいい。ウォーターボトルでもいい。要するに着るもの、履くもの、手にするものならなんでもいい、明るいものを持つことが大事なのだ。
明るい色合いのウエアに袖を通せば心が弾み、華やかなウエアを着ている人を見れば、思わず心がウキウキする。それと同時に私たちはきっと思い出すに違いない。いま、自分が気持ちよく汗を流せる幸せを。まさにこの瞬間、復興を目指して頑張っている人たちがいることを。そして、私たちはみんなつながっているのだということを。

中国、四川省で起こった地震の後、現地でボランティア活動をしていた友人に聞いた話だ。

震災後、ある中国人女性がカーテン屋を始めた。家も潰れた、夫も亡くした、お金もない、でも子どもは育てなければならない、そんななかで思いついたのが、布とミシンさえあれば商売できるカーテン屋だった。これから街の復興が進み、家が次々と新設されれば、カーテンの需要も増える。彼女はそう考えた。そして、カーテンを作る上で決めたのは、明るい色合いの布を選ぶこと。急いで建てた簡便な住宅かもしれないが、カーテンが華やかな色合いだったら部屋はそれだけで雰囲気が変わる。彼女のカーテンはどんどん売れた。街に建設される真新しい家のなかで、彼女の作るカーテンは、部屋を明るく照らしたのである。明るい色に包まれた室内はいつでも笑顔で満たされる。だとしたら、明るいウエアを着た私たちが元気に活動するニッポンだって、きっと光が溢れるはずだ。

ようこそ LIVE station へ!ゲスト さん

新規会員登録

ログイン

詳細はこちら

キトイオンラボ

一般社団法人キトイオン協会

東京ヒューレックス


ページ上部へ戻る