Food(フード)健康も美容もまずは食事から。カラダとココロを満たす「健康的な食」をライブプラスが発信!

きちんと知りたい!アンチエイジング栄養学Q&A

アンチエイジングは正しい知識をもって上手に対策を行いたい。
多くのトップアスリートに体づくりをサポートしている桑原弘樹さんに、
アンチエイジングに有効な栄養とその摂り方について伺った。

Q1.アンチエイジングはいつからはじめればよいですか?
20代ではせいぜい肌をきれいにしたい、というレベルでしょう。元気で長生きするために、アンチエイジング対策は早くスタートするにこしたことはないですが、成長ホルモンが減り始める30代後半にはスタートすることをおすすめします。

Q2.ずばり、アンチエイジングに効果的な栄養素ってどんなもの?
アンチエイジング効果のある栄養素で最初に押えておきたいキーワードは「抗酸化」>です。
老化の原因の一つである「活性酸素」を除去する働きをするのですが、主に、「ポリフェノール」「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」「カルテノイド」と呼ばれているものがこれに当たります。

ポリフェノールを多く含む代表的な食品が、赤ワイン、緑茶、ココアなど。カルテノイドは食品に鮮やかな色彩を添えている栄養素のひとつです。ホウレンソウなどに含まれる緑黄色野菜のルテインやトマトやニンジンに含まれるリコピンなどはカルテノイドの一部です。他には「コエンザイムQ10」や「アルファリポ酸」などが抗酸化作用のある代表的な栄養素です。

サプリメントで摂るなら、ビタミンA、C、E,アルファリポ酸からはじめてみるのが良いのではないかと思います。飲むときは一日2回程度に分けて摂りましょう。ジムに通っている人は朝と運動後にそれぞれ摂るのが良いでしょう。

Q3.見た目年齢を若くさせるためには、どんな栄養が必要ですか?
見た目の若さのキーポイントは、ズバリ筋肉。サルコベニア(筋肉量の減少)は30歳頃からはじまります。
これを防ぐためには運動が不可欠なのはもちろんですが、栄養的にもいろいろと対策をとらなければなりません。
まずは筋肉を作る材料のタンパク質を摂りましょう。その中でも「BCAA」というアミノ酸は筋肉を維持する重要な働きをします。

また、質の良い休息もアンチエイジングに欠かせない成長ホルモンの分泌を促すための重要なポイントです。これには、寝る前のホットミルクが有効。牛乳に含まれる「トリプトファン」が催眠効果のあるセロトニンを作り、よく眠れるんです。さらにぬるま湯で半身浴をしてベッドに入れば完璧です。

Q4.高齢者に特におすすめの栄養素は?
サルコペニアに有効なのが、アミノ酸の一種である「クレアチン」です。
赤味の肉に多く含まれています。筋肉の中でエネルギー源として貯蔵されるため、瞬発力を必要としるスポーツをする人がサプリメントで摂ることが多い栄養素なのですが、同時に筋力の持続時間が長くなったり、筋肉を太くする作用があるので、高齢者のサルコペニア対策効果も期待できます。
人間は60代、70代でも筋肉は成長しますし、維持できます。若い世代と比べると、やらなければならないことは増えますが、継続すれば必ず体は変化しますよ。

(フィットネスマガジンLIVEより)


ようこそ LIVE station へ!

ゲスト さん

新規会員登録

ログイン

詳細はこちら

キトイオンラボ

一般社団法人キトイオン協会

石井直方先生に聞いてみよう!


ページ上部へ戻る