• トップページ ≫
  • フード ≫
  • おでんはダイエットに良いの?冬のほっこりダイエットの秘訣を大検証!

Food(フード)健康も美容もまずは食事から。カラダとココロを満たす「健康的な食」をライブプラスが発信!

この季節、コンビニや居酒屋などで多く目にする「おでん」。 おでんは低カロリーでも知られています。ということは、おでんは実はダイエットに良い!?いやいや、いくらカロリーが低いと言えども、ダイエット食にはならないのでは・・・?
そんなわけで、今回は「おでんダイエット」を徹底検証!

事実1. おでんは低カロリー!

コンビニでも当たり前ののように並ぶ「おでん」メニュー。ご存じの方もいるかと思いますが、実はおでんは低カロリー。コンビニなどでは、各メニュー全てのカロリーを表示しています。こんにゃくや白滝など、中には10kcal満たないメニューも・・・。そうなのです。カロリーが低いおでんを中心にチョイスすれば、たとえお腹いっぱい食べたとしても、1食200kcal以下に抑えることが可能なのです。
おでん・・!なかなかあなどれん・・!

事実2. おでんは低価格!お財布にもやさしい!

コンビニのおでんはを食べたことのある方はご存知のはず。なんと1品数十円で買えるメニューもあります。女性ならばお腹いっぱい購入しても、トータルで400円程度に抑えることが可能でしょう。さらには、「全品○○円セール!」などやっていようものならば、まさにもってこい。低カロリーな上にさらに低価格で楽しめます。 もちろん、自宅で手作りしても同様です。大根1本まるまる買って煮込もうものならば、3日はいけるでしょう。

危険ポイント1. おでんは塩分が高い!

気になるのはおでんの塩分。塩分を取り過ぎると、濃くなった血中の塩分を薄めるため、水分を溜め込みやすい身体となり、むくみの原因にもなりやすいと言われています。ダイエットに関係なく、塩分の過剰摂取は高血圧や腎臓の病気を引き起こす場合もあります。たとえば汁を飲み過ぎないようにしたり、手作りの場合は煮詰め過ぎないようにするなど、身体のためにも過剰な塩分摂取は控えるようにしましょう。

危険ポイント2. 極端に摂取カロリーを下げ過ぎない!

おでんは確かに低カロリーです。低カロリーな食事を続ければ、体重は間違いなく減少するでしょう。しかし極端に言えば、毎食全てをこんにゃく、白滝などといった低カロリーなものばかりにしてしまうと、摂取カロリーが基礎代謝以下となり、身体は自動的に生命活動に必要な栄養素をその少ない食事の中から摂ろうとします。結果、いつもより多く食事をしてしまったときに、これまで以上のカロリーや栄養を身体が吸収してしまい、体重増加に繋がってしまうでしょう。これがまさに恐怖のリバウンド・・・。
大切なのは自分の基礎代謝にあったバランスの取れた食事。市販の体組成計などで、自分自身の基礎代謝をチェックしましょう。そのカロリーに準じて、食事のバランスを考えることが大切です。

●必要な栄養バランスを考えて、健康的に食べて痩せよう!

これまでの点を踏まえ、より健康的な食事法を考えてみましょう。おでんは低カロリーである反面、野菜やビタミンなどの大切な栄養素が不足しがち。サラダやビタミン豊富な野菜ジュースをプラスして食すなど、栄養バランスに気を付けるようにしましょう。さらに良いのは、やはり手作りすること。薄味にして塩分を抑え、野菜が少ない場合は、ほうれん草や小松菜のお浸しを作るなど、バランス良く食事が可能です。

寒い冬にはやっぱりおでん!しっかり食べてしっかり身体を温めて、目指せ代謝アップ! 健康的なダイエットを目指しましょう。

(ライブプラス編集部)


ようこそ LIVE station へ!ゲスト さん

新規会員登録

ログイン

詳細はこちら

キトイオンラボ

一般社団法人キトイオン協会


ページ上部へ戻る