Food(フード)健康も美容もまずは食事から。カラダとココロを満たす「健康的な食」をライブプラスが発信!

今日から始める トレーニング×プロテイン講座

食事のタイミングでトレーニングの成果が変わる!

プロテインには、粉末を溶かして飲むタイプや、ゼリー、バーといった種類があり、さらに含有成分によって目的・作用も異なってくる。同じ粉末タイプでも、ウイダーの『マッスルフィットプロテイン』はカゼインたんぱく質とホエイたんぱく質が1:1で含まれ、持続的にたんぱく質を補給できるタイプ。『リカバリーパワープロテイン』は糖質とたんぱく質が3:1の黄金比率で配合され、運動直後に摂取することをねらった製品となっている。今回は、それらのプロテインをどのように摂取するとボディメイクに効果的なのか、ウイダートレーニングラボの清野隼さんに聞いてみた。
「プロテインをしっかりボディメイクに活かすには、適切な摂取のタイミングを知ることが大切。人それぞれ生活のリズムがあると思いますが、トレーニングの時間が決まれば、食事のとれる時間も決まってきます。まず はトレーニングをいつ行うか、1日の見通しを立て、ボディメイクに悪影響を与えないよう食事の時間を考えます。その食事に合わせてプロテイン を活用するのがポイントです。」
 例えば、仕事帰りの夜にトレーニングを行うなら、夕食は必然的に前倒しになるか遅い時間になる。とはいえ夜遅くに夕食をガッチリ食べるのは脂肪のもと。キレイなボディづくりには逆効果だ。逆に、運動前に食事を とると血液が消化器に集中してしまう。とくにランやバイクなどの有酸素運動は、上下動があり血流も体の末端へ流れるため、運動前の食事は2時 間前に済ませておくのがよいとされる。

理想のカラダづくりにプロテイン。できるところから気軽に始めよう!

ただ、運動2時間前は勤務時間と重なってしまうため、食事を前倒しでとれる人は、むしろ少数派だろう。そんなときに便利なのが『ウイダーin ゼリー エネルギーイン』だ。ゼリーなら運動前に飲んでも消化器の負担にならず、おにぎり1個分のエネルギーが補給できる。トレーニング中にお腹が空くなら、マシントレーニングの休憩時に『ウイダーinバープ ロテイン』をサクり。そして運動後45分以内に粉末タイプのプロテインを忘れずに飲もう。
「このとき、しっかり鍛えたい上級者なら、糖質配合の『リカバリーパワープロテイン』を飲んで体内合成のスイッチを入れ、帰宅後に高たんぱくの夕食をとるとよいでしょう。ただし糖質補給によって分泌されるインスリンは脂肪の合成も促すため、夕食は低脂質にして下さい。キレイなボディラインをめざす女性なら『ウイダーin ゼリー エネルギーイン』と『マッスルフィットプロテイン』の同時補給も効果的。その場合、遅い夕食は 避けて水分補給程度で就寝し、そのぶん翌朝の朝食をしっかりとりましょう。『マッスルフィット』はゆっくり吸収されるカゼイン配合ですので、 就寝中もたんぱく質合成が高まり、カラダ全体のケアを行ってくれます。」
 プロテインをとる時間は、毎日固定されているわけではない。むしろ個々 のライフスタイルに合わせてとれるよう設計された優れモノなのだ。ぜひ 上手に活用し、理想のボディを手に入れてほしい。



(フィットネスマガジンLIVEより)


ようこそ LIVE station へ!ゲスト さん

新規会員登録

ログイン

詳細はこちら

キトイオンラボ

一般社団法人キトイオン協会


ページ上部へ戻る