Lifestyle(ライフスタイル)女子心をくすぐる快適な空間。キレイ・カワイイ・カッコイイの考え方をライブプラスが発信!

今日から始めたくなる、銭湯フィットネス。

アスリート時代、自らの肌で感じ発見した 古き良き日本の銭湯の良さ。 なぜ銭湯とフィットネスが結びつくのか?
様々なアスリートのサポートを行っている、サン・アスリート(株)代表取締役 神藤啓司に聞いた。


◆そもそも、銭湯のどういった点が良いとお考えですか?

「私が提唱する銭湯フィットネスは重要なポイントが3つあります。“熱い”“深い”“広い”条件下での入浴です。それが全て当てはまるの銭湯と温泉だったわけです。温泉の役割を街中で日常的に果たしているのが銭湯なんです。 」

◆熱さについてですが…ぬるま湯での半身浴が一般的ですよね

「そうですね。もちろん半身浴がダメだと言っているわけではありません。
私の場合、“お風呂につかる”行為そのものを“運動”に置き換えているわけです。
この3つのポイントにはそれぞれ理由があります。
まずお風呂のつかり方。42℃の熱いお風呂に1分つかり、1分休憩。そしてまた1分つかり、1分休憩。今度は2分つかり、休憩。3分つかり、休憩。ラストにもう3分つかり、休憩。たったこれだけです。お風呂につかる時間は計10分間。
この1:1:2:3:3分の5段階バランスと、間に挟む休憩(インターバル)が非常に重要です。始めの1分×2回で段階的にお湯とそのお湯の空間に身体を慣らします。短い時間ですがこれによって無理な血圧の上昇を抑えながら段階的に血液の流れを良くし、代謝を上げる効果が期待できます。」

◆まるでスポーツのようですね

「その通り!ほんの少しの意識の違いで入浴がフィットネスになるのです。スポーツとは、自らの身体を動かすことで発汗する内発的な行為です。この銭湯フィットネスも同様なのです。最終的に行き着いたこの10分間の行為は、ウォーキングなどの有酸素運動と同様の効果が期待でき、血行促進・身体の調整・セルフケアが可能な身体づくりにも効果的。お風呂に入るだけですから、+マッサージなともしつつ、楽しみながらチャレンジしていただきたいですね。」

◆残りのポイント“深さ”“広さ”とは?

「自宅のお風呂と銭湯の大きな違いはこの2つですよね。銭湯ほど深いお風呂は自宅では入れないし、例えば泳げるほどの広さも、自宅では無理。キーポイントは銭湯の湯量です。大量の湯量によって得られるのはなにか、浮力です。これが非常に重要なのです。銭湯の1トン以上のお湯の浮力で得られる身体の脱力感。お湯に浮くようにも入浴できるのです。お風呂に入ったその一瞬でリラクゼーションが得られるわけです。もう一つのキーポイントは銭湯ならではの深さによるその水圧。できれば銭湯で一番深いお風呂に入ってください。第2の心臓と言われるふくらはぎや下半身に溜まっている血液を水圧により上半身に戻す手伝いをしてくれます。その為、血流が良くなります。血液の流れが良くなることでむくみや疲労感が解消される。身体がリセットされるのです。これらを繰り返していけば、自律神経系が乱れない身体づくりに繋がるでしょう。」

◆美容にも良い?

「もちろんです。現在は医学の世界からも注目を集めているんですよ。それが“ヒートショック・プロテイン”というもの。前項で記した通り42℃の深風呂に5段階に10分入ることにより熱の刺激によって体内の傷んだたんぱくを修復してくれるのです。代謝を高め、体温をアップし、免疫力を向上させ、そればかりか肌の質まで改善する美容効果もあると言われています。いいことづくしです(笑)」

◆銭湯にこのような活用法があったとは取材班も驚きです!どのぐらいの頻度で行えば良いのでしょう?

「毎日でも!(笑)と言いたいところですが、はじめは毎日銭湯に行くのは無理でしょう(笑)ですので、わたしはまず週に1回の実践をおすすめしています。週1回程度なら無理もないですし、1週間分の身体の疲れをリセットするのにも丁度良いタイミングだと思います。年間を通して良いコンディションを作りたい方は週2回をお薦めします。そのような女性も増えています。これだけのご利益と気持ち良さをしれば、自然とチョクチョク銭湯に行きたくなるものです。まずは楽しんで入って見てください。」

◆その他、銭湯の魅力を教えてください。

「最近では映画のテルマエ・ロマエでも銭湯が話題になりましたよね。日本には各地域に様々な愛すべき銭湯があります。東京都内だけでも実は700軒以上もあるんですよ。その数はマクドナルドの店舗数を越えています。これってすごいことだと思いません?昔から日本人の中で銭湯は愛され続けている。若い方や特に女性にこのことを伝えていきたいと思います。コンビニ感覚で身近に銭湯を利用してください。そして自宅から一番近い地元の銭湯(あなただけのホーム銭湯)を見つけていただきたいですね。 東京都浴場組合のHPには銭湯MAPのあり、いつでも検索できます。探してみてください。」

◆早速、近所の銭湯を探します!ありがとうございました。

「ホーム銭湯、また教えてください(笑)ありがとうございました。」

取材・文:ライブプラス


今日から始めたくなる、銭湯フィットネス。

ようこそ LIVE station へ!ゲスト さん

新規会員登録

ログイン

詳細はこちら

キトイオンラボ

一般社団法人キトイオン協会


ページ上部へ戻る